日本テニス協会(JTA)が主催する「第34回テニス日本リーグ」の2ndステージ(1月15~19日/神奈川県横浜市・横浜国際プール:室内カーペットコート、兵庫県三木市・ブルボンビーンズドーム:室内ハードコート)は最終日を迎え、ラウンドロビン(総当たり戦)の最終戦が行われた。

 テニス日本リーグはシングルス2試合、ダブルス1試合の合計3試合(同一選手の単複重複不可)で争うチーム対抗戦。1stステージ(2019年12月5~8日)、2ndステージで2つのブロックに分かれての総当たり戦を行い、男子上位8チーム、女子上位6チームが横浜国際プールで開催される決勝トーナメントに進出し、優勝チームを決定する。

 男子リーグは18チームで争われ、レッドブロックは三菱電機との全勝対決を制した橋本総業ホールディングスが首位通過、ブルーブロックではノアインドアステージが負けなしの8連勝で首位を確定させた。

 この結果、レッドブロックから橋本総業ホールディングス、三菱電機、伊予銀行、エキスパートパワーシズオカが、ブルーブロックからはノアインドアステージ、イカイ、マイシン、レック興発が決勝トーナメントへ進出。オーエスジー、協和キリン、MS&AD三井住友海上、伊勢久の降格が決まった。

 決勝トーナメントは2月7日(金)から9日(日)まで、神奈川県横浜市の横浜国際プールで開催される。

男子・レッドブロック|ブルボンビーンズドーム

三菱電機(7勝1敗)1-2 橋本総業ホールディングス(8勝)

S1 ○清水悠太 6-4 6-7(4) 6-3 ●斉藤貴史
S2 ●仁木拓人 1-6 2-6 ○中川直樹
D ●福田健司/廣田耕作 2-6 7-6(8) [6-10] ○竹内研人/綿貫裕介

エキスパートパワーシズオカ(5勝3敗)1-2 伊予銀行(6勝2敗)

S1 ●クォン・オーヒ 6-1 3-6 3-6 ○片山翔
S2 ●西尾隆信 2-6 2-6 ○大塚健太郎
D ○菊池玄吾/長尾克己 6-4 6-4 ●弓立祐生/河野優平

リコー(4勝4敗)3-0 日本紙通商(2勝6敗)

S1 ○大和田秀俊 6-2 6-2 ●三好健太
S2 ○喜多元明 6-3 6-3 ●竹内遥丞
D ○只木信彰/齋藤聖真 6-2 6-7(4) [10-7] ●柴野晃輔/丹野翔太

MS&AD三井住友海上(1勝7敗)1-2 ワールド航空サービス(3勝5敗)

S1 ●富崎優也 2-6 2-6 ○田沼諒太
S2 ●逸崎凱人 6-0 4-6 4-6 ○竹田直樹
D ○加藤大地/諱五貴 3-6 6-3 [10-6] ●竹内聡有/一藤木良平

<レッドブロック最終順位>

1位 橋本総業ホールディングス(8勝)
2位 三菱電機(7勝1敗)
3位 伊予銀行(6勝2敗)
4位 エキスパートパワーシズオカ(5勝3敗)

-------(↑決勝トーナメント進出↑)

5位 リコー(4勝4敗)
6位 ワールド航空サービス(3勝5敗)
7位 日本紙通商(2勝6敗)

-------(↓自動降格↓)

8位 MS&AD三井住友海上(1勝7敗)
9位 オーエスジー(8敗)

男子・ブルーブロック|横浜国際プール

イカイ(7勝1敗)3-0 山喜(3勝5敗)

S1 ○今井慎太郎 6-2 6-4 ●西脇一樹
S2 ○イム・ヨンギュ 6-3 6-4 ●沼尻啓介
D ○小ノ澤新/本村剛一 6-3 6-2 ●野口政勝/松尾友貴

レック興発(4勝4敗)1-2 マイシン(6勝2敗)

S1 ●関口周一 6-4 3-6 4-6 ○スー・ユーシャオ
S2 ●正林知大 2-6 2-6 ○川上倫平
D ○竹島駿朗/守谷総一郎 7-6(4) 3-6 [10-8] ●川橋勇太/小倉孝介

ノアインドアステージ(8勝)2-1 明治安田生命(4勝4敗)

S1 ○市川泰誠 6-1 6-2 ●野口莉央
S2 ○渡邉聖太 6-2 6-2 ●綿貫敬介
D ●吉備雄也/梅岡優大 6-2 6-7(10) [8-10] ○高山和也/岩崎歩

協和キリン(8敗)1-2 九州電力(2勝6敗)

S1 ●竹元佑亮 4-6 2-6 ○染矢和隆
S2 ○杉本椋亮 6-2 6-3 ●村上彰啓
D ●神谷慎/星野武蔵 3-6 4-6 ○石浦純一/仲村元希

<ブルーブロック最終順位>

1位 ノアインドアステージ(8勝)
2位 イカイ(7勝1敗)
3位 マイシン(6勝2敗)
4位 レック興発(4勝4敗)

-------(↑決勝トーナメント進出↑)

5位 明治安田生命(4勝4敗)
6位 山喜(3勝5敗)
7位 九州電力(2勝6敗)

-------(↓自動降格↓)

8位 伊勢久(2勝6敗)
9位 協和キリン(8敗)

写真◎BBM

This article is a sponsored article by
''.