ITF(国際テニス連盟)のジュニア公式戦「ITF埼玉国際ジュニアテニス」(ITFグレード3/埼玉県川口市・グリーンテニスプラザ/本戦1月15~19日/ハードコート)が開催され、各種目の優勝者が出揃った。

 ノーシード同士の対戦となった女子シングルス決勝は、伊藤汐里(日本)が中川由羅(日本)を6-0 6-2で下して優勝を飾った。

 女子ダブルス決勝は、第4シードの伊藤/金子さら紗(日本)がノーシードから勝ち上がってきた早重果波/奥脇莉音(ともに日本)を6-2 6-2で倒してタイトルを獲得。伊藤は単複2冠を達成した。

2020年国内国際ジュニア大会表彰写真|PHOTOアルバム

※名前の左に付いている数字はドロー番号、[ ]数字はシード順位

上位の試合結果|女子

女子シングルス決勝

○14伊藤汐里(日本)6-0 6-2 ●20中川由羅(日本)

女子シングルス準決勝

○14伊藤汐里(日本)6-1 6-3 ●1加藤智子(日本)[1]

○20中川由羅(日本)4-6 7-6(4) 6-0 ●27齋藤咲良(日本)

女子シングルス準々決勝

○1加藤智子(日本)[1] 6-3 6-2 ●5小副川莉桜(日本)

○14伊藤汐里(日本)6-4 6-4 ●9児山心美(日本)[3]

○20中川由羅(日本)6-3 6-3 ●24石井さやか(日本)[4]

○27齋藤咲良(日本)1-6 6-1 6-0 ●32石橋彩由(日本)[2]

女子ダブルス決勝

○5伊藤汐里/金子さら紗(日本)[4] 6-2 6-2 ●15早重果波/奥脇莉音(日本)

女子ダブルス準決勝

○5伊藤汐里/金子さら紗(日本)[4] 6-3 7-5 ●1加藤智子/児山心美(日本)[1]

○15早重果波/奥脇莉音(日本)2-6 7-5 [11-9] ●12石井さやか/久保杏夏(日本)[3]

画像: 左から女子ダブルス優勝の金子さら紗(日本)、伊藤汐里(日本)、準優勝の早重果波(日本)、奥脇莉音(日本)(写真提供◎グリーンテニスプラザ)

左から女子ダブルス優勝の金子さら紗(日本)、伊藤汐里(日本)、準優勝の早重果波(日本)、奥脇莉音(日本)(写真提供◎グリーンテニスプラザ)

※トップ写真は女子シングルス優勝の伊藤汐里(日本/左)と準優勝の中川由羅(日本/右)
写真提供◎グリーンテニスプラザ

This article is a sponsored article by
''.