今年最初のグランドスラム「オーストラリアン・オープン」(オーストラリア・メルボルン/本戦1月20日~2月2日/ハードコート)の女子シングルス1回戦で、ディフェンディング・チャンピオンで第3シードの大坂なおみ(日清食品)がマリー・ブーズコバ(チェコ)を6-2 6-4で下し、センターコートのオープニングマッチを勝利で飾った。試合時間は1時間20分。

 全豪に5年連続出場となる大坂は、昨年の大会でグランドスラム2大会連続制覇の偉業を達成。決勝ではペトラ・クビトバ(チェコ)を7-6(2) 5-7 6-4で倒し、世界ナンバーワンの座に就いた。

 2019年シーズンの大坂は、USオープンで連覇を逃したあとに9月の大阪(WTAプレミア/ハードコート)と10月の北京(WTAプレミア・マンダトリー/ハードコート)で2大会連続優勝を果たした。今大会では、自身初となるタイトル防衛に挑んでいる。

 大坂は次のラウンドで、予選勝者のアンナ・カリンスカヤ(ロシア)を6-3 6-2で破って勝ち上がったジェン・サイサイ(中国)と対戦する。

 引き続き行われたロッド・レーバー・アリーナの第2試合では、第8シードのセレナ・ウイリアムズ(アメリカ)がアナスタシア・ポタポワ(ロシア)を6-0 6-3で退け初戦を突破した。セレナは今季開幕戦のひとつとなるオークランド(WTAインターナショナル/ハードコート)を制し、出産後初のタイトルを獲得して今大会を迎えている。

 そのほかの試合では、第13シードのペトラ・マルティッチ(クロアチア)、第14シードのソフィア・ケニン(アメリカ)、第25シードのエカテリーナ・アレクサンドロワ(ロシア)、ユリア・ゲルゲス(ドイツ)、ジュ・リン(中国)、ソラナ・シルステア(ルーマニア)、パウラ・バドーサ(スペイン)が2回戦に駒を進めた。

 第32シードのバーボラ・ストリコバ(チェコ)はシルステアに2-6 6-7(5)で敗れ、初戦でシードダウンを喫した。

オーストラリアン・オープン2020|トーナメント表

※名前の左に付いている数字はドロー番号、[ ]数字はシード順位、Qは予選勝者

女子シングルス1回戦|主な試合結果

○12ジュ・リン(中国)4-6 6-1 7-6(10-5) ●11ビクトリヤ・ゴルビッチ(スイス)

○13ユリア・ゲルゲス(ドイツ)6-1 6-2 ●14ヴィクトリア・クズモバ(スロバキア)

○16ペトラ・マルティッチ(クロアチア)[13] 6-3 6-0 ●15クリスティーナ・マクヘイル(アメリカ)

○25エカテリーナ・アレクサンドロワ(ロシア)[25] 6-4 4-6 6-2 ●26ジル・タイヒマン(スイス)

○29パウラ・バドーサ(スペイン)6-1 6-0 ●30ヨハンナ・ラーション(スウェーデン)[Q]

------

○33大坂なおみ(日本/日清食品)[3] 6-2 6-4 ●34マリー・ブーズコバ(チェコ)

○35ジェン・サイサイ(中国)6-3 6-2 ●36アンナ・カリンスカヤ(ロシア)[Q]

○39ソラナ・シルステア(ルーマニア)6-2 7-6(5) ●40バーボラ・ストリコバ(チェコ)[32]

○48ソフィア・ケニン(アメリカ)[14] 6-2 6-4 ●47マルティナ・トレビサン(イタリア)[Q]

○64セレナ・ウイリアムズ(アメリカ)[8] 6-0 6-3 ●63アナスタシア・ポタポワ(ロシア)

※写真は大坂なおみ(日清食品)
MELBOURNE, AUSTRALIA - JANUARY 20: Naomi Osaka of Japan celebrates winning match point during her Women's Singles first round match against Marie Bouzkova of Czech Republic on day one of the 2020 Australian Open at Melbourne Park on January 20, 2020 in Melbourne, Australia. (Photo by Mark Kolbe/Getty Images)

This article is a sponsored article by
''.