「オーストラリアン・オープン」(オーストラリア・メルボルン/本戦1月20日~2月2日/ハードコート)でふたたび、ビッグ3のグランドスラム・タイトルをかけた戦いが始まる。

 世界ランク1位のラファエル・ナダル(スペイン)、前年度覇者で世界2位のノバク・ジョコビッチ(セルビア)、そして世界3位のロジャー・フェデラー(スイス)は、ここ66回のグランドスラム大会で3人合わせて55回のタイトルを獲得している。そのうち12回は連続で、オーストラリアでのここ16大会のうち14回の優勝杯もその中に含まれている。

 もし昨年準優勝だったナダルが今年2回目のオーストラリアン・オープン優勝を果たせば、彼は男子の最多記録であるフェデラーのグランドスラム・タイトル数20回に並ぶことになる。ジョコビッチは現在16回で3位に位置している。(C)AP(テニスマガジン)

グランドスラム優勝回数ランキング

1位 フェデラー  20回
2位 ナダル    19回
3位 ジョコビッチ 16回

※写真は左からジョコビッチ、フェデラー、ナダル(Getty Images)


This article is a sponsored article by
''.