今年最初のグランドスラム「オーストラリアン・オープン」(オーストラリア・メルボルン/本戦1月20日~2月2日/ハードコート)の男子シングルス1回戦で、ディフェンディング・チャンピオンで第2シードのノバク・ジョコビッチ(セルビア)がヤン レナード・ストルフ(ドイツ)を7-6(5) 6-2 2-6 6-1で下し、タイトル防衛に向けてスタートを切った。試合時間は2時間16分。

 全豪に16年連続出場となる32歳のジョコビッチは、昨年の大会で新記録となる7度目(2008年、11~13年、15~16年、19年)の優勝を果たした。決勝では、ラファエル・ナダル(スペイン)を6-3 6-2 6-3で倒して栄冠に輝いた。

 ジョコビッチは次のラウンドで、ラッキールーザーで本戦入りしたプラジュネシュ・グネスワラン(インド)とワイルドカード(主催者推薦枠)の伊藤竜馬(北日本物産)の勝者と対戦する。

 そのほかの試合では、第6シードのステファノス・チチパス(ギリシャ)、第18シードのグリゴール・ディミトロフ(ブルガリア)、フィリップ・コールシュライバー(ドイツ)が2回戦に駒を進めた。

 この日は降雨により男子シングルス1回戦8試合が試合途中で中断し、翌日に順延されることが決まった。そのほか予定されていたボトムハーフの男子シングルス1回戦は、翌日に延期となった。

※名前の左に付いている数字はドロー番号、[ ]数字はシード順位、Qは予選勝者、LLはラッキールーザー

オーストラリアン・オープン2020|トーナメント表

男子シングルス1回戦|主な試合結果

67テニス・サングレン(アメリカ)1-0 順延 68マルコ・トゥルンヘリッティ(アルゼンチン)[Q]

79ライリー・オペルカ(アメリカ)6-3 7-6(3) 1-0 順延 80ファビオ・フォニーニ(イタリア)[12]

83ヤニク・シンネル(イタリア)7-6(2) 6-2 4-4(30-15) 順延 84マックス・パーセル(オーストラリア)[Q]

○88グリゴール・ディミトロフ(ブルガリア)[18] 4-6 6-2 6-0 6-4 ●87フアン イグナシオ・ロンデロ(アルゼンチン)

------

93カンタン・アリス(フランス)[Q] 6-6(3-3) 順延 94フィリップ・クライノビッチ(セルビア)

○97ステファノス・チチパス(ギリシャ)[6] 6-0 6-2 6-3 ●98サルバトーレ・カルーゾ(イタリア)

○99フィリップ・コールシュライバー(ドイツ)7-5 6-1 6-2 ●100マルコス・ギロン(アメリカ)

101クリスチャン・ガリン(チリ)6-4 6-3 1-1(15-15) 順延 102ステファノ・トラバグリア(イタリア)

------

103ロレンツォ・ジュスティーノ(イタリア)[LL] 2-6 1-6 2-5 順延 104ミロシュ・ラオニッチ(カナダ)[32]

111フェリシアーノ・ロペス(スペイン)2-6 2-1(0-15) 順延 112ロベルト・バウティスタ アグート(スペイン)[9]

119カイル・エドマンド(イギリス)5-2 順延 120ドゥサン・ラヨビッチ(セルビア)[24]

○128ノバク・ジョコビッチ(セルビア)[2] 7-6(5) 6-2 2-6 6-1 ●127ヤン レナード・ストルフ(ドイツ)

※写真はノバク・ジョコビッチ(セルビア)(撮影◎毛受亮介 / RYOSUKE MENJU)


This article is a sponsored article by
''.