今年最初のグランドスラム「オーストラリアン・オープン」(オーストラリア・メルボルン/1月20日~2月2日/ハードコート)」のドローが公表されたとき、皆が同じ問いを抱いた。グランドスラム大会1回戦でコリ・ガウフ(アメリカ)がふたたびビーナス・ウイリアムズ(アメリカ)と対戦する確率は、どのくらいだったのだろうか? と。

「少しびっくりしたわ」とガウフは言った。「間違いなく皆が驚いたと思う」。

 15歳のガウフはメルボルン・パークでの初の本戦を、39歳のビーナスとの試合で始めた。そう、6ヵ月前のウインブルドンと同じように。そしてガウフはビーナスを7-6(5) 6-3 で倒し、オールイングランド・クラブ(ウインブルドン会場)でそうだったようにドロー最年少の少女が最年長の選手に打ち勝ったのである。ビーナスはガウフが生まれた年にはすでに、保持する7つのグランドスラム・タイトルのうち4つを獲っていた。

「間違いなく私は今回、より自信を持っていた。大きなコートでプレーすることに慣れたのだと思う。大勢の観客にも。観客の多さに前回ほど仰天することはなかったわ」とガウフはコメントした。「そして間違いなく、この対戦に臨むにあたり、より楽天的考えを持っていた」。

 それは、ここ10年のオーストラリアン・オープン初日でもっとも期待された対戦であり、試合はその期待を裏切らなかった。特にガウフが繰り返しリードを奪い、ビーナスがそれを拒絶する形で進行した第1セットは非常に魅力的なものだった。

 ガウフがついにビーナスを振りきったのは、4度目のセットポイントにおいてだ。第2セットで彼女は迅速に3-0とリードし、その優位性を二度と手放さなかった。

 この試合でのガウフはすでに強力なサービスから相手のショットを拾いまくる能力まで、テニスコートであらゆる種類の資質を披露していた。いま彼女は、〈粘り強さ〉をリストに加えることができるかもしれない。

 試合は開閉式屋根のついた3つのスタジアムのひとつであるマーガレット・コート・アリーナで行われ、それはよいことだった。懸念されていた“空気の質”に問題はなかったが、午後に豪雨があった。進行中だった外のコートの9試合を中断させ、そのほかの20試合は丸々翌日に順延されたのだ。

 プレーする――そして勝つ――幸運に授かった選手の中には、ロジャー・フェデラー(スイス)、男子前年度覇者のノバク・ジョコビッチ(セルビア)、女子前年度覇者の大坂なおみ(日清食品)、グランドスラム大会優勝歴23回のセレナ・ウイリアムズ(アメリカ)、2018年オーストラリアン・オープン優勝者のカロライン・ウォズニアッキ(デンマーク)らがいた。ウォズニアッキは、このオーストラリアン・オープン後に引退を予定している。

 38歳のセレナは、姉ビーナスができなかったことをやってのけた――10代の選手を倒したのだ。

 第2セットでの一時的下降を別にすればほとんど何の問題もなく、セレナは18歳のアナスタシア・ポタポワ(ロシア)を6-0 6-3で倒して24度目のグランドスラム・タイトルをかけた最新の“進撃”をスタートさせた。

 セレナは最後の3ゲームを連取し、それから笑い声とともにこう言った。「今日私はいいスタートを切り、いい形で試合を終えたわ」。

 彼女が最後に獲ったグランドスラム大会の優勝杯は、2017年オーストラリアン・オープンでのものだ。2週間前のニュージランド・オークランドでのASBクラシックで優勝するまでは、全大会を対象にしてもそれが彼女の最後のタイトルだった。


This article is a sponsored article by
''.