•  今年最初のグランドスラム「オーストラリアン・オープン」(オーストラリア・メルボルン/本戦1月20日~2月2日/ハードコート)の男子シングルス2回戦で、ディフェンディング・チャンピオンで第2シードのノバク・ジョコビッチ(セルビア)がワイルドカード(主催者推薦枠)で出場した日本の伊藤竜馬(北日本物産)を6-1 6-4 6-2で下し、ベスト32に進出した。試合時間は1時間35分。

     全豪に16年連続出場となる32歳のジョコビッチは、昨年の大会で新記録となる7度目(2008年、11~13年、15~16年、19年)の優勝を果たした。決勝では、ラファエル・ナダル(スペイン)を6-3 6-2 6-3で倒して栄冠に輝いた。

     ジョコビッチは次のラウンドで、第30シードのエバンズを6-4 6-3 6-4で破って勝ち上がった日本の西岡良仁(ミキハウス)と対戦する。

     そのほかの試合では、第6シードのステファノス・チチパス(ギリシャ)、第14シードのディエゴ・シュワルツマン(アルゼンチン)、第22シードのギド・ペラ(アルゼンチン)、マリン・チリッチ(クロアチア)、サム・クエリー(アメリカ)、マートン・フクソービッチ(ハンガリー)が2回戦を突破した。

     第21シードのブノワ・ぺール(フランス)はセットカウント2-1とリードしていたが、2018年準優勝者のチリッチに2-6 7-6(6) 6-3 1-6 6-7(3-10)で競り負けた。

    ※名前の左に付いている数字はドロー番号、[ ]数字はシード順位、WCはワイルドカード(主催者推薦枠)

    オーストラリアン・オープン2020|トーナメント表

    男子シングルス2回戦|主な試合結果

    ○71サム・クエリー(アメリカ)7-6(2) 4-6 6-4 6-4 ●70リカルダス・ベランキス(リトアニア)

    ○73ギド・ペラ(アルゼンチン)[22] 6-1 6-4 3-6 6-3 ●76グレゴワール・バレール(フランス)

    ○82マートン・フクソービッチ(ハンガリー)6-4 6-4 6-3 ●83ヤニク・シンネル(イタリア)

    ○97ステファノス・チチパス(ギリシャ)[6] 不戦勝 ●99フィリップ・コールシュライバー(ドイツ)

    ------

    ○107マリン・チリッチ(クロアチア)6-2 6-7(6) 3-6 6-1 7-6(10-3) ●105ブノワ・ぺール(フランス)[21]

    ○113ディエゴ・シュワルツマン(アルゼンチン)[14] 6-1 6-4 6-2 ●115アレハンドロ・ダビドビッチ フォキナ(スペイン)

    ○123西岡良仁(日本/ミキハウス)6-4 6-3 6-4 ●121ダニエル・エバンズ(イギリス)[30]

    ○128ノバク・ジョコビッチ(セルビア)[2] 6-1 6-4 6-2 ●125伊藤竜馬(日本/北日本物産)[WC]

    ※写真はノバク・ジョコビッチ(セルビア)
    MELBOURNE, AUSTRALIA - JANUARY 22: Novak Djokovic of Serbia celebrates after winning match point during his Men's Singles second round match against Tatsuma Ito of Japan on day three of the 2020 Australian Open at Melbourne Park on January 22, 2020 in Melbourne, Australia. (Photo by Darrian Traynor/Getty Images)

    This article is a sponsored article by
    ''.