今年最初のグランドスラム「オーストラリアン・オープン」(オーストラリア・メルボルン/本戦1月20日~2月2日/ハードコート)の女子シングルス4回戦で、第14シードのソフィア・ケニン(アメリカ)がコリ・ガウフ(アメリカ)を6-7(5) 6-3 6-0で倒し、グランドスラムで初のベスト8進出を決めた。試合時間は2時間9分。

 グランドスラムの本戦に12回目の出場となる21歳のケニンは、昨年のフレンチ・オープン(フランス・パリ/クレーコート)でのベスト16がこれまでの最高成績だった。全豪では昨年の大会で初勝利を挙げたあと、2回戦でシモナ・ハレプ(ルーマニア)に3-6 7-6(5) 4-6で敗れていた。

オーストラリアン・オープン2020|トーナメント表

 アメリカの先輩後輩もある両者は、今回が公式戦での初対戦。15歳のガウフは昨年のウインブルドン(イギリス・ロンドン/グラスコート)で史上最年少の予選勝者となって4回戦まで勝ち進み、昨年10月のリンツ(WTAインターナショナル/室内ハードコート)ではシングルスでのWTAツアー初タイトルを獲得した。

 今大会でのケニンは、1回戦で予選勝者のマルティナ・トレビサン(イタリア)を6-2 6-4で、2回戦で予選勝者のアン・リー(アメリカ)を6-1 6-3で、3回戦ではジャン・シューアイ(中国)を7-5 7-6(7)で破って16強入りを決めていた。

 ケニンは準々決勝で、オンス・ジャバー(チュニジア)と対戦する。ジャバーは4回戦で、第27シードのワン・チャン(中国)を7-6(4) 6-1で下しての勝ち上がり。

※写真はソフィア・ケニン(アメリカ)
MELBOURNE, AUSTRALIA - JANUARY 26: Sofia Kenin of the United States celebrates after winning match point during her Women's Singles fourth round match against Coco Gauff of the United States on day seven of the 2020 Australian Open at Melbourne Park on January 26, 2020 in Melbourne, Australia. (Photo by Quinn Rooney/Getty Images)


This article is a sponsored article by
''.