今年最初のグランドスラム「オーストラリアン・オープン」(オーストラリア・メルボルン/本戦1月20日~2月2日/ハードコート)の女子シングルス4回戦で、オンス・ジャバー(チュニジア)が第27シードのワン・チャン(中国)を7-6(4) 6-1で退け、ノーシードからベスト8進出を果たした。試合時間は1時間17分。

 全豪に3年連続4度目の出場となる25歳のジャバーは、過去3度はいずれも初戦敗退に終わっていた。昨年の1回戦では、ティメア・バボス(ハンガリー)に6-7(5) 6-7(3)で敗れていた。

オーストラリアン・オープン2020|トーナメント表

 この結果でジャバーは、3度目の対戦でワンから初勝利を挙げた。今シーズンは開幕戦のひとつとなる深圳(WTAインターナショナル/ハードコート)の1回戦で対戦し、ワンが6-0 6-3で勝っていた。

 ワンは前のラウンドで、24回目のグランドスラム制覇を目指していた第8シードのセレナ・ウイリアムズ(アメリカ)を6-4 6-7(2) 7-5で倒す番狂わせを演じていた。

 今大会でのジャバーは、1回戦で第12シードのジョハナ・コンタ(イギリス)を6-4 6-2で、2回戦でカロリーヌ・ガルシア(フランス)を1-6 6-2 6-3で、3回戦では2018年覇者で大会後の引退を表明していたカロライン・ウォズニアッキ(デンマーク)を7-5 3-6 7-5で破って初のグランドスラム16強入りを決めていた。

 ジャバーは準々決勝で、第14シードのソフィア・ケニン(アメリカ)と対戦する。ケニンは4回戦で、15歳のコリ・ガウフ(アメリカ)を6-7(5) 6-3 6-0で下しての勝ち上がり。

※写真はオンス・ジャバー(チュニジア)
MELBOURNE, AUSTRALIA - JANUARY 26: Ons Jabeur of Tunisia celebrates after winning match point after her Women's Singles fourth round match against Qiang Wang of China on day seven of the 2020 Australian Open at Melbourne Park on January 26, 2020 in Melbourne, Australia. (Photo by Mark Kolbe/Getty Images)


This article is a sponsored article by
''.