2009年USオープン・チャンピオンのフアン マルティン・デル ポトロ(アルゼンチン)は彼のチームがインスタグラムに配信したコメントによれば、月曜日に右膝の手術を予定している。

 そのコメントによると、31歳のデル ポトロは昨年6月に一度手術を受けたが、痛みのためいまだ走ったり跳躍したりすることができず階段を上ることも難しい状態であるため、今は別の手術が必要なのだという。

 彼は昨年ウインブルドンの準備のためグラスコートの大会でプレーしているときに、一年未満で2度目となる右膝蓋骨の損傷を被った。

 デル ポトロは11年前のUSオープン決勝でロジャー・フェデラー(スイス)を5セットの死闘の末に倒し、フェデラーのUSオープン40試合連続勝利の疾走を終わらせていた。

 しかし彼はそれ以来、特に膝と手首を中心とした一連の故障に悩まされ続けている。キャリア最高ランキングは3位だったが、故障で長くツアーから離れた今は121位にまで落ちている。(C)AP(テニスマガジン)

※写真は昨年6月のウインブルドン前哨戦、フィーバーツリー選手権でのフアン マルティン・デル ポトロ(アルゼンチン)
Juan Martin Del Potro of Argentina is pictured in action during day three of ATP Fever-Tree Championships tennis tournament at Queen's Club in west London on June 19, 2019. (Photo by Alberto Pezzali/NurPhoto via Getty Images)

テニマガ・テニス部|部員限定記事


This article is a sponsored article by
''.