日本テニス協会(JTA)が主催する「第34回テニス日本リーグ」の決勝トーナメント(2月7~9日/神奈川県横浜市・横浜国際プール/室内カーペットコート)の2日目は男女の準決勝が行われ、男子は三菱電機と橋本総業ホールディングスが決勝に勝ち進んだ。

 3連覇を狙う三菱電機は準決勝で、エキスパートパワーシズオカと対戦した。S2高橋悠介(三菱電機)が福田創楽(エキスパートパワーシズオカ)に3-6 3-6と敗れるも、S1清水悠太(三菱電機)がストレート勝利でタイへ。最後はダブルス勝負にもつれるも、前回大会で最高殊勲選手賞を手にした福田健司/矢多弘樹(三菱電機)が菊池玄吾/長尾克己(エキスパートパワーシズオカ)に快勝して堂々のファイナル進出を決めた。

 今年の日本リーグは予選グループから接戦が多く、各チームの選手層の厚さが際立つ。その中でも“大会3連覇”を目指す三菱電機には落ち着きが見られた。「どのチームも強いので、逆に勝たなきゃという気負いなくプレーできている」とキャプテンの廣田耕作。予選グループから2勝1敗と接戦が多いものの、「自分たちが悪いプレーをした試合は少ない」と手応えは十分だ。

 その三菱電機を予選で唯一破った相手が橋本総業ホールディングスだ。チームの大黒柱である斉藤貴史、今年からチームに加わった竹内研人と中川直樹、さらに世界ランク200位台のリー・ジェ(中国)と豪華な布陣で全勝をキープ。準決勝は6年ぶりに日本一奪還を狙うイカイを2勝1敗で退けた。

 予選で対戦した際は、橋本総業ホールディングスが2勝1敗と勝利している。最後はダブルスの最終セットにもつれ、10ポイントマッチタイブレークで勝敗が決した。果たして、今回の決勝はいかに。

(文◎テニスマガジン編集部)

写真◎菅原 淳

※トップ写真は、決勝進出を決めた三菱電機の矢多弘樹(右)と福田健司


This article is a sponsored article by
''.