日本テニス協会(JTA)が主催する「第34回テニス日本リーグ」の決勝トーナメント(2月7~9日/神奈川県横浜市・横浜国際プール/室内カーペットコート)の2日目は男女の準決勝が行われ、女子は島津製作所と明治安田生命が決勝進出を果たした。

 5度目の優勝を狙う島津製作所は、盤石の戦いぶりで7年連続の決勝に駒を進めた。ノアインドアステージとの準決勝は、S1本玉真唯、S2桑田寛子、ダブルスは大前綾希子/加治遥の3本すべてにストレート勝ち。3年ぶりとなる日本一奪還に向けて視界は良好だ。

 過去6年間は島津製作所と決勝を常に争い、2連覇を果たした橋本総業ホールディングスが準決勝で敗戦。その波乱を巻き起こしたのが明治安田生命だ。

 準決勝ではS2橘梨子(明治安田生命)が小堀桃子(橋本総業ホールディングス)にストレート負けするも、S1澤柳璃子(明治安田生命)が岡村恭香(橋本総業ホールディングス)に6-4 1-6 6-3のフルセット勝利をおさめて1勝1敗に。ダブルスに登場した米原実令/足立真実(明治安田生命)は第1セットを奪ってリードしたが、第2セットは森崎可南子/山口芽生(橋本総業ホールディングス)の反撃にあって最終セットの10ポイントマッチタイブレークに突入。ここで勢いをつかんだのは米原/足立だった。

 足立の切れ味鋭いストローク、米原のダイナミックなダウン・ザ・ライン、思い切りのよいネットプレーが次々と決まって一時は6-1とリード。決勝進出まであと少しだったが、ここから森崎/山口はふたたび息を吹き返した。

 連続ポイントで6-5まで迫って流れは森崎/山口に傾きかけたが、そこで踏ん張ったのが米原のサービスポイントだった。サービスエースを含むポイントで一気にここから4ポイント連取で勝利を掴み、V2王者を破る会心の勝利をおさめた。

 この結果、決勝は島津製作所と明治安田生命の組み合わせとなった。島津製作所は3年ぶり5度目、明治安田生命は初優勝をかけて戦う。

(文◎テニスマガジン編集部)

写真◎菅原 淳

※写真は決勝進出を決めた明治安田生命の足立真美(左)と米原実令


This article is a sponsored article by
''.