ATPツアー公式戦の「タタ・オープン・マハーラーシュトラ」(ATP250/インド・マハーラーシュトラ州プネー/2月3~9日/賞金総額61万10ドル/ハードコート)の男子シングルス準決勝が行われ、第8シードのイゴール・ゲラシモフ(ベラルーシ)とイリ・ベセリ(チェコ)が決勝に駒を進めた。

ATPツアー2020表彰写真|PHOTOアルバム

 ゲラシモフが第6シードのジェームズ・ダックワース(オーストラリア)を7-6(2) 6-4で下し、ベセリは第2シードのリカルダス・ベランキス(リトアニア)に6-7(8) 7-6(3) 7-6(7)で競り勝った。

 ツアーレベルの大会の本戦でプレーするのが12回目となる27歳のゲラシモフは、昨年9月のサンクトペテルブルク(ATP250/室内ハードコート)でのベスト4がこれまでの最高成績だった。

 26歳のベセリは2015年4月のブカレスト(ATP250/クレーコート)以来のATPツアー決勝で、同年1月のオークランド(ATP250/ハードコート)に続くキャリア2勝目を目指している。

 決勝で対戦する両者の過去の対戦成績は、1勝0敗でゲラシモフがリード。両者は昨年2月にドバイ(ATP500/ハードコート)の予選で初対戦しており、ゲラシモフが7-6(5) 6-4で勝っている。

※写真は2018年の北京の大会でのイリ・ベセリ(チェコ)
BEIJING, CHINA - SEPTEMBER 30: Jiri Vesely of Czech Repbulic returns a shot against Matteo Berrettini of Italy during their Men's Singles 1nd Round match of the 2018 China Open at the China National Tennis Centre on September 30, 2018 in Beijing, China. (Photo by Emmanuel Wong/Getty Images)


This article is a sponsored article by
''.