ITF(国際テニス連盟)の女子ツアー下部大会「サヒンラー・カップ・シリーズ2」(ITFワールドテニスツアーW15/トルコ・アンタルヤ/2月3~9日/賞金総額1.5万ドル/クレーコート)の女子ダブルス決勝で、ハン・ジアンシュエ(中国)/奥野彩加(フリー)が第1シードのナタリア・シェドリスカ/ジュリエット・シュトイラー(ともにドイツ)に4-6 6-3 [14-12]で競り勝ち、ノーシードから優勝を果たした。試合時間は1時間39分。

 24歳の奥野がITFツアーのダブルスでタイトルを獲得したのは、森崎可南子(橋本総業ホールディングス)とのペアで臨んだ昨年6月の金泉(W15/ハードコート)以来で16回目となる。

 ハンと奥野のコンビは、今大会が2度目のダブルス出場。2週間前に同会場で行われた大会で初めてペアを組んだが、そのときは初戦敗退に終わっていた。

 今大会でのハン/奥野は、1回戦でメリス・セゼル(トルコ)/イリーナ・シェチェティナ(ロシア)を6-1 6-3で、準々決勝で第2シードのアナスタシア・ネフェドバ(アメリカ)/オレクサンドラ・オリニコバ(クロアチア)を2-6 6-4 [10-4]で、準決勝ではアリサ・アクシアノワ(ロシア)/リンダ・シェフチコバ(チェコ)を6-2 6-3で下して決勝進出を決めていた。

 今週は日本勢として唯一の参戦となった奥野はシングルスにも出場していたが、2回戦でアンドレア・ロスカ(ルーマニア)に2-6 0-6で敗れていた。

※名前の左に付いている数字はドロー番号、[ ]数字はシード順位、WCはワイルドカード(主催者推薦枠)

日本人選手の試合結果

女子シングルス2回戦

●5奥野彩加(日本/フリー)2-6 0-6 ○13アンドレア・ロスカ(ルーマニア)[3]

女子シングルス1回戦

○5奥野彩加(日本/フリー)3-6 6-2 6-4 ●6ハン・ジアンシュエ(中国)

女子ダブルス決勝

○14ハン・ジアンシュエ/奥野彩加(中国/フリー)4-6 6-3 [14-12] ●1ナタリア・シェドリスカ/ジュリエット・シュトイラー(ドイツ)[1]

女子ダブルス準決勝

○14ハン・ジアンシュエ/奥野彩加(中国/フリー)6-2 6-3 ●10アリサ・アクシアノワ/リンダ・シェフチコバ(ロシア/チェコ)

女子ダブルス準々決勝

○14ハン・ジアンシュエ/奥野彩加(中国/フリー)2-6 6-4 [10-4] ●16アナスタシア・ネフェドバ/オレクサンドラ・オリニコバ(アメリカ/クロアチア)[2]

女子ダブルス1回戦

○14ハン・ジアンシュエ/奥野彩加(中国/フリー)6-1 6-3 ●13メリス・セゼル/イリーナ・シェチェティナ(トルコ/ロシア)[WC]

写真◎Getty Images


This article is a sponsored article by
''.