ATPツアー公式戦の「タタ・オープン・マハーラーシュトラ」(ATP250/インド・マハーラーシュトラ州プネー/2月3~9日/賞金総額61万10ドル/ハードコート)の男子シングルス決勝で、イリ・ベセリ(チェコ)が第8シードのイゴール・ゲラシモフ(ベラルーシ)に7-6(2) 5-7 6-3で競り勝ち、ノーシードから優勝を果たした。試合時間は2時間11分。

 26歳のベセリがATPツアーのシングルスでタイトルを獲得したのは、2015年1月のオークランド(ATP250/ハードコート)以来でキャリア2度目となる。この勝利でツアー決勝での戦績は、2勝1敗となった。

ATPツアー2020表彰写真|PHOTOアルバム

 この結果でベセリは、ゲラシモフとの対戦成績を1勝1敗のタイに追いついた。両者は昨年2月にドバイ(ATP500/ハードコート)の予選で初対戦しており、ゲラシモフが7-6(5) 6-4で勝っていた。

 今大会でのベセリは、1回戦でワイルドカード(主催者推薦枠)のアルジュン・カデ(インド)を6-2 6-4で、2回戦で第7シードのサルバトーレ・カルーゾ(イタリア)を7-6(5) 6-4で、準々決勝でイリヤ・イバシカ(ベラルーシ)を2-6 6-1 7-6(11)で、準決勝では第2シードのリカルダス・ベランキス(リトアニア)を6-7(8) 7-6(3) 7-6(7)で破って決勝進出を決めていた。

 ツアーレベルの大会の本戦でプレーしたのが12回目だった27歳のゲラシモフは、昨年9月のサンクトペテルブルク(ATP250/室内ハードコート)でのベスト4がこれまでの最高成績だった。

 ダブルス決勝も行われ、アンドレ・ゴランソン(スウェーデン)/クリストファー・ルンガット(インドネシア)が第3シードのジョナサン・エルリッチ(イスラエル)/アンドレ・バジレンスキー(ベラルーシ)を6-2 3-6 [10-8]で倒して大会を制した。

※写真は昨年のウインブルドンでのイリ・ベセリ(チェコ)
BEIJING, CHINA - SEPTEMBER 30: Jiri Vesely of Czech Repbulic returns a shot against Matteo Berrettini of Italy during their Men's Singles 1nd Round match of the 2018 China Open at the China National Tennis Centre on September 30, 2018 in Beijing, China. (Photo by Emmanuel Wong/Getty Images)


This article is a sponsored article by
''.