WTAツアー公式戦の「タイ・オープン」(WTAインターナショナル/タイ・ホアヒン/2月10~16日/賞金総額27万5000ドル/ハードコート)の女子シングルス1回戦で、第8シードの日比野菜緒(ブラス)がアリナ・ラディオノワ(オーストラリア)に7-6(5) 7-5で競り勝ち、初戦を突破した。試合時間は1時間56分。

 今大会に初めて出場した25歳の日比野は、1月のオーストラリアン・オープン(オーストラリア・メルボルン/ハードコート)に続いて今季のツアー本戦でマッチ2勝目を挙げた。

2020年海外ツアー日本人選手:女子|PHOTOアルバム

 この結果で日比野は、ラディオノワとの対戦成績を2勝4敗とした。昨年はハードコートで4度対戦し、ラディオノワが3勝を挙げていた。

 日比野は2回戦で、クロエ・パケ(フランス)とラッキールーザーで本戦入りしたピアンタン・プリプーチ(タイ)の勝者と対戦する。

 加藤未唯(ザイマックス)とのペアでダブルスに第1シードとして出場している日比野は、初戦でシュン・ファンイン/ジェン・サイサイ(ともに中国)と対戦する予定となっている。

※写真はオーストラリアン・オープンでの日比野菜緒(ブラス)
撮影◎毛受亮介 / RYOSUKE MENJU


This article is a sponsored article by
''.