ATPツアー公式戦の「ニューヨーク・オープン」(アメリカ・ニューヨーク/2月10~16日/賞金総額80万4180ドル/室内ハードコート)の予選決勝で、第1シードの添田豪(GODAI)がバーナード・トミック(オーストラリア)を6-2 6-1で下し、本戦入りを決めた。試合時間は39分。

 35歳の添田がATPツアーで予選を突破したのは、2016年10月の東京(ATP500/ハードコート)以来となる。予選1回戦では、フレデリック・ニールセン(デンマーク)を6-1 6-2で破って勝ち上がっていた。

 ドローが決定し、添田の初戦の対戦相手はクォン・スンウ(韓国)となった。

 そのほかの日本勢は西岡良仁(ミキハウス)と内山靖崇(北日本物産)がシングルスに、ルーク・バンブリッジ(イギリス)とのペアでマクラクラン勉(日本)がダブルスに出場。初戦の対戦相手は西岡がヘンリー・ラクソネン(スイス)と、内山が第8シードのカイル・エドマンド(イギリス)と、第4シードのバンブリッジ/マクラクランはニコラス・モンロー/ジャック・ソック(ともにアメリカ)となっている。

 ニューヨーク・オープンはATPツアー250の規模の大会で、シングルス28ドロー、ダブルス16ドローで争われる。

2020年海外ツアー日本人選手:男子|PHOTOアルバム

※名前の左に付いている数字はドロー番号、[ ]数字はシード順位、Altは繰り上がり出場

予選結果|日本人選手

シングルス予選決勝

○1添田豪(日本/GODAI)[1] 6-2 6-1 ●3バーナード・トミック(オーストラリア)

シングルス予選1回戦

○1添田豪(日本/GODAI)[1] 6-1 6-2 ●2フレデリック・ニールセン(デンマーク)[Alt]

上位出場選手シード順位|シングルス

ジョン・イズナー(アメリカ)[1]
ミロシュ・ラオニッチ(カナダ)[2]
ライリー・オペルカ(アメリカ)[3]
ユーゴ・アンベール(フランス)[4]

※写真は昨年の楽天ジャパンオープンでの添田豪(GODAI)
撮影◎小山真司 / SHINJI OYAMA


This article is a sponsored article by
''.