WTAツアー公式戦の「サンクトペテルブルク・レディース・トロフィー」(WTAプレミア/ロシア・サンクトペテルブルク/2月10~16日/賞金総額84万8000ドル/室内ハードコート)の女子シングルス1回戦が行われ、第6シードのマリア・サカーリ(ギリシャ)、第8シードのエレナ・リバキナ(ロシア)、予選勝者のアナスタシア・ポタポワ(ロシア)が初戦を突破した。

サンクトペテルブルク・レディース・トロフィー2020|PHOTOアルバム

 サカーリが予選勝者のビタリア・ディアトチェンコ(ロシア)を3-6 6-4 7-6(3)で、リバキナがカテリーナ・シニアコバ(チェコ)を6-3 6-4で、ポタポワは予選勝者のリュドミラ・サムソノワ(ロシア)を6-2 6-4で破っての勝ち上がり。

 日本勢は青山修子(近藤乳業)/柴原瑛菜(橋本総業ホールディングス)がダブルスに第1シードとして出場しており、初戦の対戦相手はダリヤ・ユラク(クロアチア)/リジヤ・マロザバ(ベラルーシ)となっている。

※写真はオーストラリアン・オープンでのマリア・サカーリ(ギリシャ)
MELBOURNE, AUSTRALIA - JANUARY 24: Maria Sakkari of Greece plays a backhand during her Women's Singles third round match against Madison Keys of the United States on day five of the 2020 Australian Open at Melbourne Park on January 24, 2020 in Melbourne, Australia. (Photo by Daniel Pockett/Getty Images)


This article is a sponsored article by
''.