ATPツアー公式戦の「デルレイビーチ・オープン」(アメリカ・フロリダ州デルレイビーチ/2月17~23日/賞金総額67万3655ドル/ハードコート)の男子シングルス1回戦で、内山靖崇(北日本物産)はマッケンジー・マクドナルド(アメリカ)に2-6 6-7(5)で敗れた。試合時間は1時間30分。

 今大会に2年連続出場だった27歳の内山は、ダイレクトインで初の本戦入り。昨年は予選1回戦で、ティム・スマイチェク(アメリカ)に4-6 2-6で敗れていた。

 この結果でマクドナルドは、内山との対戦成績を2勝0敗とした。両者は2016年7月にレキシントン(ATPチャレンジャー/5万ドル/ハードコート)の予選で初対戦しており、マクドナルドが6-3 6-3で勝っていた。

 マクドナルドは2回戦で、第3シードのライリー・オペルカ(アメリカ)と予選を勝ち上がってきたエルネスツ・グルビス(ラトビア)の勝者と対戦する。

2020年海外ツアー日本人選手:男子|PHOTOアルバム

 そのほかの日本勢は西岡良仁(ミキハウス)がシングルスに、ルーク・バンブリッジ(イギリス)とのペアでマクラクラン勉(日本)がダブルスに出場。初戦の対戦相手は、西岡が第5シードのジョン・ミルマン(オーストラリア)と、第4シードのバンブリッジ/マクラクランはミルマン/マット・リード(オーストラリア)となっている。

 デルレイビーチ・オープンはATPツアー250の規模の大会で、シングルス32ドロー、ダブルス16ドローで争われる。

上位出場選手シード順位|シングルス

ニック・キリオス(オーストラリア)[1]
ミロシュ・ラオニッチ(カナダ)[2]
テイラー・フリッツ(アメリカ)[3]
ライリー・オペルカ(アメリカ)[4]

※[ ]数字はシード順位

※写真はオーストラリアン・オープンでの内山靖崇(北日本物産)
撮影◎毛受亮介 / RYOSUKE MENJU


This article is a sponsored article by
''.