ATPツアー公式戦の「リオ・オープン」(ATP500/ブラジル・リオデジャネイロ/2月17~23日/賞金総額191万5485ドル/クレーコート)の男子シングルス2回戦が行われ、第1シードのドミニク・ティーム(オーストリア)、第5シードのボルナ・チョリッチ(クロアチア)、ロレンツォ・ソネゴ(イタリア)、予選勝者のジャンルカ・マジェル(イタリア)が8強入りを決めた。

ATPツアー2020(ブエノスアイレス、リオデジャネイロ)|PHOTOアルバム

 ティームがジャウメ・ムナール(スペイン)を6-7(5) 6-3 6-4で、チョリッチがワイルドカード(主催者推薦枠)で出場したチアゴ・セイボス ワイルド(ブラジル)を6-3 1-6 7-6(5)で、ソネゴが第2シードのドゥサン・ラヨビッチ(セルビア)を7-6(5) 7-6(5)で、マジェルは予選勝者のジョアン・ドミンゲス(ポルトガル)を6-3 7-6(5)で破っての勝ち上がり。

 準々決勝では、ティームがマジェルと、チョリッチはソネゴと対戦する。

※写真はブエノスアイレスの大会でのボルナ・チョリッチ(クロアチア)
BUENOS AIRES, ARGENTINA - FEBRUARY 12: Borna Coric of Croatia hits a backhand during his Men's Singles match against Thiago Monteiro of Brazil during day 3 of ATP Buenos Aires Argentina Open at Buenos Aires Lawn Tennis Club on February 12, 2020 in Buenos Aires, Argentina. (Photo by Marcelo Endelli/Getty Images)


This article is a sponsored article by
''.