WTAツアー公式戦の「GNP保険オープン」(WTAインターナショナル/メキシコ・ヌエボ レオン州モンテレイ/3月2~8日/賞金総額27万5000ドル/ハードコート)の女子ダブルス決勝で、加藤未唯(ザイマックス)/ワン・ヤファン(中国)はカテリーナ・ボンダレンコ(ウクライナ)/シャロン・フィッチマン(カナダ)に6-4 3-6 [7-10]で敗れて準優勝となった。試合時間は1時間23分。

 25歳の加藤がWTAツアーのダブルスで決勝に進出したのは日比野菜緒(ブラス)とのペアで臨んだ昨年10月の天津(WTAインターナショナル/ハードコート)以来で通算6度目だったが、戦績は2勝5敗となった。

2020年海外ツアー日本人選手:女子|PHOTOアルバム

 ワンと加藤は、今大会で初めてペアを組んでダブルスに出場。シングルスに第8シードで出場していたワンは、準々決勝で第9シードのマリー・ブーズコバ(チェコ)に2-6 5-7で敗れていた。

 今大会での加藤/ワンは、1回戦でコーネリア・リスター(スウェーデン)/ヤナ・シジコワ(ロシア)を6-4 6-4で、準々決勝で第1シードのジョルジーナ・ガルシア ペレス/サラ・ソリベス トルモ(ともにスペイン)を6-7(1) 6-4 [10-8]で、準決勝では第3シードのエレン・ペレス/ストーム・サンダース(ともにオーストラリア)を6-7(3) 6-4 [10-8]で破って決勝進出を決めていた。

※写真は女子ダブルス準優勝の加藤未唯(ザイマックス/左)とワン・ヤファン(中国/右)
写真◎本人提供


This article is a sponsored article by
''.