カリフォルニア州南部にあるコーチェラ・バレーでコロナウイルスの症例が確認されたため、今週始まる予定だった「BNPパリバ・オープン」(アメリカ・カリフォルニア州インディアンウェルズ/ATP1000/3月12~22日/賞金総額973万5685ドル、WTAプレミア・マンダトリー/3月11~22日/賞金総額876万1725ドル/ハードコート)が延期を決定した。

『Riverside County Public Health Department(リバーサイド郡公衆衛生局)』は、水曜日から2週間の予定で行われるBNPパリバ・オープンの開催地、インディアンウェルズを含むロサンゼルスの東110マイルに位置するこの砂漠都市に対して、日曜日に公衆衛生上の緊急事態を宣言した。

 トーナメントディレクターで元選手のトミー・ハース(ドイツ)は、大会を開催できないことは非常に残念だが、すべての人々の健康と安全が重要であるとの考えを示した。その一方で主催者としてこのイベントを開催する準備はできており、今後さまざまなオプションを検討する予定だと述べた(観戦チケットについては払い戻される)。

 延期の決定は、医療専門家、疾病管理センター、カリフォルニア州当局の指導に基づいて行われた。

(APライター◎ベス・ハリス)(構成◎テニスマガジン)

※写真はBNPパリバ・オープン会場(カリフォルニア州リバーサイド郡インディアンウェルズ)
INDIAN WELLS, CALIFORNIA - MARCH 08: Courtmaster Jeffrey Brooker cleans the center court at the Indian Wells Tennis Garden on March 08, 2020 in Indian Wells, California. The BNP Paribas Open was cancelled by the Riverside County Public Health Department, as county officials declared a public health emergency when a case of coronavirus (COVID-19) was confirmed in the area. (Photo by Matthew Stockman/Getty Images)


This article is a sponsored article by
''.