女子テニス協会(WTA)が新型コロナウイルス(COVID-19)の世界的拡散を理由に、5月2日(土)までのプロツアー中断を発表した。

 これにより、WTAプレミア大会の「ポルシェ・テニス・グランプリ」(ドイツ・シュツットガルト/4月20~26日)とWTAインターナショナル大会の「イスタンブール・オープン」(トルコ・イスタンブール/4月20~26日)と「J&T銀行プラハ・オープン」(チェコ・プラハ/4月27日~5月2日)が影響を受けることになった。

「新型コロナウイルスの世界的拡散により、シュツットガルト、イスタンブール、プラハでのWTAツアー大会が予定通り開催されなくなった」とWTAのスポークスマンはコメントし、状況を注視しながらヨーロッパでのクレーコートシーズンの残りの大会についても決断を下していくと説明した。

写真◎Getty Images


This article is a sponsored article by
''.