(※原文まま、以下同)2012年ロラン・ギャロスでよもやの初戦敗退となったセレナ・ウイリアムズ。以前も〝赤土″との相性はよくなかったが、これが大きな岐路になった。ここで手を差し伸べたのがフランス人コーチのパトリック・ムラトグルー。世界のトップコーチとは違う経歴を持ち、ビジネス界から転身。選手の個性を尊重して、一人ひとりに合わせてアプローチする。109勝5敗のレコードが示すように、この2人の相性は抜群で、かつてを上回るほどの快進撃が始まった。【2014年1月号掲載】

This article is a sponsored article by
''.