自宅で出来るトレーニングとしてフレームリフティングチャレンジが流行っています^_^

これは、コーディネーショントレーニングの中のハンドアイコーディネーションを鍛えるトレーニングとなります。ハンドアイコーディネーションとは、手の動作と、視覚の連動性を意味します。
この能力を鍛えることで、ラケットに正確にボールを当てたり、トスを正確に上げたりすることに役に立ちます^_^

そこで、このフレームリフティングのトレーニング要素の中に、もう少し負荷の高いトレーニング要素を入れて神経系をさらに刺激すふフレームリフティングトレーニングを考案してみました^_^

この能力を鍛える目的は、ドロップショットの瞬間のグリップの握り変えや、ボレーの時に手の中で瞬時に様々なグリップに握り変えることができるようになるためです。

是非参考にしてみてください^_^

画像: フレームリフティング www.facebook.com

【フレームリフティングにPlus1】 自宅で出来るトレーニングとしてフレームリフティングチャレンジが流行っています^_^ これは、コーディネーショントレーニングの中のハンドアイコーディネーションを鍛えるトレーニングとなります。 ハンドア...

みんなのテニス研究所(みんラボ)さんの投稿 2020年3月18日水曜日

フレームリフティング

www.facebook.com

This article is a sponsored article by
''.