(※原文まま、以下同)1994年のサッカー・アメリカ・ワールドカップ最終予選。日本代表は悲願の初出場を目前にしながら、ロスタイムで涙を呑んだ。「ドーハの悲劇」――その場所に、アジアナンバーワンの左サイドバックと称えられた都並敏史さんはいた。一次予選のあとわかった不運な足首の疲労骨折を抱え、四番目の選手としてー。誰よりも日本代表を愛したその人が今回のゲスト。【1999年3月号掲載|連載第14回】

This article is a sponsored article by
''.