日本国内における緊急事態宣言が解除されたことに伴い、日本テニス協会(JTA)がテニス愛好家向けに「安心・安全テニスの心得」を公開した。

 JTAは「テニスは社会的距離を確保できるスポーツ」であるとし、国際テニス連盟(ITF)、スポーツ庁、(公財)日本スポーツ協会の資料を参考にテニス愛好家向けにリーフレットを作成した。

出かける前に体調チェック

・検温により平熱の確認

・発熱やせき、のどの痛みなど風邪の症状がない

・だるさ、息苦しさがない

・臭いや味がいつもと同じ

感染予防の基本

・三密(幽閉、密集、密接)の回避

・手洗い、アルコール等による手指消毒

・マスク着用

・混雑する交通手段での移動を避ける

レクリエーションテニスの留意点

・プレー中、お互いの距離を2m以上確保

・ベンチ、ネット、審判台に手で触れない

・ベンチに座る際も社会的距離を確保

・試合の初めと終わりの挨拶は握手ではない方法で

・プレー中は手で顔に触れない

・テニス施設のルールを守る


This article is a sponsored article by
''.