理想のチームをつくるためにはどうすればよいのか。「主人公は子どもである」と主張する部活動研究の第一人者が、21人のスペシャリストの知見を結集し、理想的な「ブカツドウ」の形を説く。1時限目から24時限目まで、よりよい部活動のための新しい視点を描いた一冊。運動部活動に携わる方だけでなく、学校教育に携わるすべての人に読んでいただきたい。

『部活動学』
子どもが主体のよりよいクラブをつくる24の視点

開放的な議論を展開することで、閉鎖的な「運動部活動ムラ」から脱出するための地図を、皆さんと一緒につくっていきたい-本文まえがきよりー

監修◎神谷 拓(関西大学人間健康学部教授)

発行元◎ベースボール・マガジン社

定価◎本体1700 円+税

判型 / 総ページ数◎A5判 / 328ページ 

画像: 新刊『部活動学』〜子どもが主体のよりよいクラブをつくる「24」の視点

目次

【巻頭対談】

上原 浩治(元プロ野球選手)× 神谷 拓(関西大学人間健康学部教授)

「大事なのは試合の勝敗ではなく、そのスポーツが大好きであること」

1時限目|スポーツ教育学

「運動部活動の主人公は子どもである」
神谷 拓(関西大学人間健康学部教授)

2時限目|経営学

「運動部活動をマネジメントする」
大野貴司(帝京大学経営学部准教授)

3時限目|地域スポーツ論

「運動部活動を地域に埋め戻す」
伊藤恵造(秋田大学教育文化学部准教授)

4時限目|社会教育学

「青少年の社会教育と運動部活動」
久保田治助(鹿児島大学教育学部准教授)

5時限目|スポーツ史

「運動部の歴史から自治と体罰を考える」
中村 哲也(高知大学地域協働学部准教授)

6時限目|運動部活動の教育学

「子どもの自治から見た外部指導者・部活動指導員制度の是非」
神谷 拓(関西大学人間健康学部教授)

7時限目|教育社会学

「ブラックバイトから見えてくる運動部活動の影響」
大内裕和(中京大学教養教育研究所教授)

8時限目|アスリートの利点

「運動部活動とアスリートの自立」
久我アレキサンデル(名古屋経済大学准教授)

9時限目|哲学

「そもそも運動部活動は何のためにある?」
苫野一徳(熊本大学教育学部准教授)

10時限目|体育科教育学

「体育の授業と運動部活動とをつなぐ」
玉腰和典(明治学院大学審理学部助教)

11時限目|学校保健学

「保健の授業と運動部活動とをつなぐ」
久保元芳(宇都宮大学教育学部准教授)

12時限目|矯正教育学

「運動部活動で求められる自治的な問題解決の方法とは?」ー修復的実践から学ぶ
竹原幸太(東京都立大学人文社会学部准教授)

13時限目|スポーツ社会学(スポーツ政策)

「運動部活動を学校と地域で育てる」ースコットランドのアクティブ・スクールの事例から学ぶ
安倍大輔(白梅学園大学子ども学部准教授)

14時限目|教育学

「運動部活動において『子どもの声を聴く』ということ」ー子どもの権利、そして「指導死」問題をめぐって
住友 剛(京都精華大学人文学部教授)

15時限目|倫理学

「子どもに権利意識をもたせよう」ー「若いアスリートのための権利の章典」のススメ
田村公江(龍谷大学社会学部教授)

16時限目|ハラスメント防止

「スクール・セクシュアル・ハラスメントと運動部活動」
亀井明子(NPO法人SSHP全国ネットワーク代表理事)

17時限目|脳科学

「運動部活動における体罰の影響」ー「マルトリートメント」が子どもの脳を損傷する
友田明美(福井大学子どものこころの発達研究センター発達支援研究部門教授)

18時限目|スポーツ医学(医科学サポート)

「運動部活動における医科学サポートの在り方」ースポーツ事故の帽子と運動部活動の自治
中村浩也(桃山学院教育大学教育学部教授)

19時限目|教育制度学

「部活動の苦情を生徒が解決する」ー錦里taystrong ん住民トラブルtaystrong とぶかっつ動の自治
小野田正利(大阪大学名誉教授)

20時限目|教育学

「学校の教育課程と部活動」
中山弘之(愛知教育大学准教授)

21時限目|スポーツ心理学

「子どもの主体性を引き出すためのスポーツ心理学講義」ー運動部活動指導で使われる言葉に注目して
高妻容一(東海大学体育学部教授)

22時限目|教育方法学

「スポーツ部活動の自治と評価」
川地亜弥子(神戸大学大学院人間発達環境学研究科准教授)

23時限目|スポーツ文化論

「ドイツのスポーツクラブから考える 運動部活動の自治とスポーツ文化」
釜崎 太(明治大学法学部教授)

24時限目|スポーツ教育学

「子どもの自治が切り拓く世界」
神谷 拓(関西大学人間健康学部教授)


This article is a sponsored article by
''.