ATP(男子プロテニス協会)がチャレンジャー大会を再開するため、4週間の暫定スケジュールを発表した。新型コロナウイルス(COVID-19)のパンデミックによりプロテニスの競技は3月途中から中断されていたが、8月から再開することが決まっていた。

 これに先立ちATPツアーは8月14日から始まるワシントンDC(ATP500/ハードコート)から再開することを発表しており、チャレンジャー大会はそれに合わせて8月17日の週から行われることになった。

 ウイルス対策の一環として、大会の多くが9日間の日程でシングルスは本戦32ドロー(予選16ドロー)を採用している。

 なお9月14日以降のスケジュールに関しては、後日改めて更新される予定となっている。(テニスマガジン)

8月17日からの週

チェコ・プラハ(チャレンジャー125/クレーコート)

イタリア・トーディ(チャレンジャー80/クレーコート)

8月24日からの週

チェコ・プラハⅡ(チャレンジャー125/クレーコート)

アメリカ・フロリダ州オーランド(チャレンジャー125/ハードコート)

イタリア・トリエステ(チャレンジャー80/クレーコート)

8月31日からの週

アメリカ・フロリダ州オーランドⅡ(チャレンジャー125/ハードコート)

チェコ・オストラバ(チャレンジャー125/クレーコート)

イタリア・コルデノンス(チャレンジャー80/クレーコート)

9月7日からの週

フランス・エクサン プロバンス(チャレンジャー125/クレーコート)

チェコ・プロステヨフ(チャレンジャー125/クレーコート)

イタリア・パルマ(チャレンジャー80/クレーコート)

※写真はニューポートビーチ・チャレンジャーの様子(Getty Images)


This article is a sponsored article by
''.