8月からツアーを再開する予定のWTA(女子テニス協会)が、WTAランキングの一時的な調整と改訂について発表した。男女のプロテニスツアーは新型コロナウイルス(COVID-19)のパンデミックにより3月途中から中断しており、世界ランクは3月16日付で凍結されている。

 WTAランキングは過去52週間の戦績に基づいて決められており、原則的に決められた成績のよい数大会(シングスが16大会、ダブルスは11大会)の結果が反映されている。

 これに先立ちATP(男子プロテニス協会)が発表した「Better of 2019 and 2020」のモデルに従い、WTAも22ヵ月(2019年3月~2020年12月)の期間で算出する方法を採用した。同期間内で同じ大会を2度プレーした場合、どちらかの結果のみをカウントする。

 従って男子のケースと同じように、凍結されている3月16日付のポイントは2020年によりよい結果を出さない限り変化することはない。つまりパンデミックによる渡航制限などで再開後のツアー参戦が難しい選手は、無理に出なくても現状を維持することができる。(テニスマガジン)

※写真はイメージ(Getty Images)


This article is a sponsored article by
''.