ドイツ・ベルリンの元国際空港(テンペルホーフ空港)の格納庫に設置された屋内ハードコートで行われたエキシビション大会「bett1 ACES」の男子シングルス決勝で、世界ランク3位のドミニク・ティーム(オーストリア)が18歳のヤニク・シンネル(イタリア)を6-4 6-2で下して同大会を2戦連続で制した。

 両者はシュテフィ・グラフ・スタジアムのグラスコートで行われた1戦目でも準決勝で対戦しており、ティームが6-3 7-6(5)で勝っていた。

 この大会は男女シングルス各6ドローで争う2つのイベントで構成されており、初戦をBYEで免除されていたティームは土曜日の準決勝でトミー・ハース(ドイツ)を7-6(4) 6-3で破っていた。

 水曜日に行われた1戦目の決勝では、ティームがマッテオ・ベレッティーニ(イタリア)に6-7(4) 6-4 [10-8]で競り勝ちチャンピオンに輝いていた。

 同日には3位決定戦も行われ、ハースの代役で出場したミーシャ・ズベレフ(ドイツ)がロベルト・バウティスタ アグート(スペイン)を6-4 6-3で倒した。(テニスマガジン)

※写真はドミニク・ティーム(オーストリア)
BERLIN, GERMANY - JULY 19: Dominic Thiem of Austria celebrates with trophy after winning a final match against Jannik Sinner of Italy during a final of day 6 of the tennis tournament bett1ACES at Hangar 6 of the former airport Tempelhof on July 19, 2020 in Berlin, Germany. (Photo by Maja Hitij/Getty Images)


This article is a sponsored article by
''.