横山正吾「しばらくコートから離れていてテニスができなかったという方、トレーニングもできなかったという方も多いと思います。そのような状況の中、いきなりコートに戻ってテニスを始めてしまうと、ケガのリスクが高くなる場合があります。また柔軟性が低くなっていたり、筋力や持久力も落ちていたりと、さまざまな身体の変化が考えられます。
 コートの練習に戻ったときに、いきなり全面を動くのではなく、半面のラリーからスタートをして、徐々に全面の動きに戻していく、そういう工夫をみなさんはされるのではないでしょうか。同様に、動きのトレーニングにおいても、まずは狭い範囲のフットワークからスタートして徐々に動ける範囲を広げていき、最終的に広範囲で動けるようにしていきます。
 今回紹介するフットワーク・トレーニングは、それぞれの身体に合う形で強度を工夫して取り組んでください。デモンストレーションは、日本男子の中でもトップクラスの動きの速さと評される清水悠太プロです」
 動画再生時間 21分08秒。各トレーニングの詳細は2020年8月号に掲載。

This article is a sponsored article by
''.