世界ランク2位のシモナ・ハレプ(ルーマニア)が日曜日に自身のツイッターを更新し、パレルモ女子オープン(WTAインターナショナル/クレーコート)の欠場を発表した。

「最近のルーマニアでの感染者の増加と現時点での国際航空旅行に関する私の不安を考えると、私はパレルモを棄権するという厳しい決断を下しました」とハレプは説明し、尽力してくれた大会ディレクターとイタリア保健省に感謝の意を述べた。

 8月3~9日に開催されるこの大会は、新型コロナウイルス(COVID-19)のパンデミックによる5ヵ月の休止に続くツアー再開後の初戦として注目されている。

 イタリアの保険大臣が過去14日間にルーマニアまたはブルガリアに滞在したすべての人々に検疫を課す法令に署名したことで、大会ディレクターのオリビエロ・パルマ氏はパレルモの大会に出場する選手に関して特別に規定を免除してもらえるようロベルト・スペランツァ保健相に緊急の請願書を送っていた。

 大会主催者は土曜日にツイッターを通して「法令について文字通り解釈した結果、労働者は強制検疫を免除されるべきであると思われ、プロテニス選手もこれに当てはまる」と述べ、「当局からの正式な説明を待っているが、我々は自信を持っています。ハレプのマネージャーにも安心するよう伝えました」とコメントしていた。

 彼らの主張通りプロテニス選手は検疫を免除されることを説明する公式通信をイタリア保健省はハレプに直接送っていたと主催者は明かし、「それにもかかわらずハレプのスタッフは我々に最終的な決定を伝えるだけで、こちらの努力を無駄にした。我々は憤慨し、深く失望しています」と非難した。(テニスマガジン)

※写真はドバイの大会でのシモナ・ハレプ(ルーマニア)(Getty Images)


This article is a sponsored article by
''.