公益財団法人日本テニス協会(JTA)は水曜日、7月31日(金)までとしていたJTA公式トーナメント(JTT/J1/J2大会、JTAベテランツアー大会、JTAジュニアランキング対象大会)の開催自粛勧告を解除すると発表した。

 新型コロナウイルス(COVID-19)に関する日本国内での緊急事態宣言が5月25日に解除されて各種イベントの再開に向けた指針が示されることでプロスポーツを始めとしたスポーツ活動も再開されてきており、男女の世界ランキングも8月以降の計算ルールが発表されたことでJTAランキングへの反映も見込める状況であるとJTAは解除した理由について説明した。

 しかしながら首都圏を中心として感染者が増えていることで予断を許さない状況であることを指摘し、開催地の実情に合った形で十分な感染症対策を取った上でトーナメント開催に当たっては慎重に検討を求めると釘を刺した。

 今回の解除に伴い、各種ランキング(JTAランキング、JTAジュニアランキング、ベテランJOPランキング)についても順次再開することを発表した。(テニスマガジン)

※詳細はJTA公式サイトでご確認ください。

※写真はイメージ(Getty Images)


This article is a sponsored article by
''.