8月1日(土)、全日本男子プロテニス選手会はプロ選手6人とプロ志望の学生6選手による団体戦『+POWER CUP(プラスパワーカップ)』を初めて開催した。コロナウイルス感染症対策として無観客での大会実施となった。

 コロナ禍の影響で実戦の場を失った学生プレーヤーを救おうと現役のプロ選手たちが立ち上がった。男子プロテニス選手会で会長を務める添田豪(GODAI)を中心に、学生プレーヤーが出場できる大会を計画。選手各々が意見を持ち寄りながら、大会実施にこぎつけた。

 当然ながら、大会を一から作り上げることは容易ではない。選手会自体に十分な資金がある訳ではなく、資金集めの難しさや感染症対策への対応など課題は山積み。それでも、選手会主導で動いたことで「自由にできた部分もある。だからこそ、こういう(大会の)発想になった」と添田。国内外含めほとんどのジュニア大会が中止となっている今、プロを目指す子供たちが減ってしまう――その危機感が、彼らを突き動かした。

画像: プロといっしょに団体戦をすることで「僕たちもプレッシャーを感じて緊張するし、ジュニアもプロに観られることでプレッシャーを感じると思う。そのプレッシャーを受けてほしいし、慣れていってほしい」と添田

プロといっしょに団体戦をすることで「僕たちもプレッシャーを感じて緊張するし、ジュニアもプロに観られることでプレッシャーを感じると思う。そのプレッシャーを受けてほしいし、慣れていってほしい」と添田

 参加する学生プレーヤーは公募。募集の際に22歳以下であることと同時に「将来、プロ選手を目指す学生プレーヤー」も要項に加えた。それでも想像を超える応募数が集まり、最終的に6人まで絞った。内山靖崇(積水化学工業)は「出られない選手も出てきてしまい、そこが一番心苦しかった」と胸の内を明かした。

 だが、落選した学生たちにもチャンスを与えた。大会当日、来場できる学生選手に声をかけ、プロ選手たちと練習コートで打ち合える機会を設けた。会場でしか体験できない独特の雰囲気を肌で感じるとともに、試合に出場できない悔しさも味わったはず。それもまた、今後のモティベーションにつながることは言うまでもない。

 試合は出場選手の出身地に合わせて東西にチーム分けを行った。チームEAST(東)は添田、内山、松井俊英(ASIA PARTNER SHIP FUND)のプロ選手3人、白石光、高畑里玖(ともに早稲田大学)、三好健太(桜田倶楽部)の学生3名が名を連ねた。一方、伊藤竜馬(北日本物産)、西岡良仁(ミキハウス)、上杉海斗(江崎グリコ)のプロ3人に加え、池田朋弥(早稲田大学)、三井駿介(相生学院高校)、原崎朝陽(神戸神村学園高校)の学生3人がチームWEST(西)として出場した。


This article is a sponsored article by
''.