今年ふたつ目となるグランドスラム「USオープン」(アメリカ・ニューヨーク/本戦8月31日~9月13日/ハードコート)の女子シングルス4回戦で、第3シードのセレナ・ウイリアムズ(アメリカ)が第15シードのマリア・サカーリ(ギリシャ)を6-3 6-7(6) 6-3で振りきり、ベスト8に進出した。試合時間は2時間27分。

 フラッシングメドウに3年連続20回目の出場となる38歳のセレナは、過去6度(1999年、2002年、08年、12年~14年)の優勝経験がある。昨年は決勝でビアンカ・アンドレスク(カナダ)と対戦したが、3-6 5-7で敗れて2年連続準優勝に終わっていた。

USオープン2020|トーナメント表

 この結果でセレナは、サカーリとの対戦成績を1勝1敗のタイに追いついた。両者は前哨戦のウェスタン&サザン・オープン(WTAプレミア5/ハードコート)の3回戦で初対戦したばかりで、そのときはサカーリが5-7 7-6(5) 6-1で勝っていた。

 今大会でのセレナは、1回戦でクリスティ・アン(アメリカ)を7-5 6-3で、2回戦でマルガリータ・ガスパリアン(ロシア)を6-2 6-4で、3回戦では2017年優勝者で第26シードのスローン・スティーブンス(アメリカ)を2-6 6-2 6-2で破って16強入りを決めていた。

 セレナは準々決勝で、アリゼ・コルネ(フランス)とツベタナ・ピロンコバ(ブルガリア)の勝者と対戦する。(テニスマガジン)

※写真はセレナ・ウイリアムズ(アメリカ)
NEW YORK, NEW YORK - SEPTEMBER 07: Serena Williams of the United States celebrates winning match point in the third set during her Women's Singles fourth round match against Maria Sakkari of Greece on Day Eight of the 2020 US Open at the USTA Billie Jean King National Tennis Center on September 7, 2020 in the Queens borough of New York City. (Photo by Al Bello/Getty Images)


This article is a sponsored article by
''.