WTAツアー公式戦の「BNPパリバ・イスタンブール・テニス選手権」(トルコ・イスタンブール/9月8~13日/賞金総額22万5500ドル/クレーコート)の女子ダブルス1回戦でナテラ・ザラミズ(ロシア)/加藤未唯(ザイマックス)がグリート・ミネン/アリソン・バン ウィトバンク(ともにベルギー)と対戦したが、第セット3-4の時点でザラミズ/加藤がリタイアした。試合時間は27分。

 加藤とザラミズは、今大会で初めてペアを組んでダブルスに出場。今シーズンの加藤はワン・ヤファン(中国)とのコンビで臨んだ3月のモンテレイ(WTAインターナショナル/ハードコート)で3試合を勝ち抜き、準優勝を飾っていた。

 ミネン/バン ウィトバンクは準々決勝で、第3シードのケイトリン・クリスチャン(アメリカ)/ジュリアーナ・オルモス(メキシコ)とビビアネ・スクーフス/ロザリー・ファン デル フック(ともにオランダ)の勝者と対戦する。

 そのほかの日本勢は土居美咲(ミキハウス)がシングルスに第8シードとして出場しており、予選の対戦相手は予選勝者のエレン・ペレス(オーストラリア)となっている。

 BNPパリバ・イスタンブール・テニス選手権はWTAインターナショナルに格付けされる大会で、シングルス30ドロー、ダブルス16ドローで争われる。(テニスマガジン)

海外ツアー2020日本人選手:女子|PHOTOアルバム

上位出場選手シード順位|シングルス

スベトラーナ・クズネツォワ(ロシア)[1]
レベッカ・ピーターソン(スウェーデン)[2]
ポロナ・ヘルツォグ(スロベニア)[3]
カロリーヌ・ガルシア(フランス)[4]

※[ ]数字はシード順位

※写真は昨年のフレンチ・オープンでの加藤未唯(ザイマックス)(撮影◎毛受亮介 / RYOSUKE MENJU)


This article is a sponsored article by
''.