今年ふたつ目となるグランドスラム「USオープン」(アメリカ・ニューヨーク/本戦8月31日~9月13日/ハードコート)の男子シングルス準々決勝で、第5シードのアレクサンダー・ズベレフ(ドイツ)が第27シードのボルナ・チョリッチ(クロアチア)を1-6 7-6(5) 7-6(5) 6-3で下し、ベスト4に進出した。試合時間は3時間24分。

 グランドスラムでズベレフが準々決勝を突破したのは、今年のオーストラリアン・オープン(オーストラリア・メルボルン/ハードコート)に続きキャリア2度目となる。

USオープン2020|トーナメント表

 フラッシングメドウに6年連続出場となる23歳のズベレフは昨年の大会で初めて4回戦に進出し、ディエゴ・シュワルツマン(アルゼンチン)に6-3 2-6 4-6 3-6で敗れていた。

 前哨戦のウェスタン&サザン・オープン(ATP1000/ハードコート)に参戦したズベレフは、初戦となる2回戦で元世界ナンバーワンのアンディ・マレー(イギリス)に敗れていた。

 この結果でズベレフは、チョリッチとの対戦成績を2勝3敗とした。全米では2017年の2回戦で対戦し、チョリッチが3-6 7-5 7-6(1) 7-6(4)で勝っていた。

 今大会でのズベレフは、1回戦で2017年準優勝者のケビン・アンダーソン(南アフリカ)を7-6(2) 5-7 6-3 7-5で、2回戦でワイルドカード(主催者推薦枠)で出場したブランドン・ナカシマ(アメリカ)を7-5 6-7(8) 6-3 6-1で、3回戦で第32シードのアドリアン・マナリノ(フランス)を6-7(4) 6-4 6-2 6-2で、4回戦ではアレハンドロ・ダビドビッチ フォキナ(スペイン)を6-2 6-2 6-1で破って初の8強入りを決めていた。

 ズベレフは準決勝で、第12シードのデニス・シャポバロフ(カナダ)と第20シードのパブロ・カレーニョ ブスタ(スペイン)の勝者と対戦する。(テニスマガジン)

※写真はアレクサンダー・ズベレフ(ドイツ/右)とボルナ・チョリッチ(クロアチア)
NEW YORK, NEW YORK - SEPTEMBER 08: Alexander Zverev (R) of Germany celebrates winning his Men's Singles quarterfinal match against Borna Coric (L) of Croatia on Day Nine of the 2020 US Open at the USTA Billie Jean King National Tennis Center on September 8, 2020 in the Queens borough of New York City. (Photo by Al Bello/Getty Images)


This article is a sponsored article by
''.