今年ふたつ目となるグランドスラム「USオープン」(アメリカ・ニューヨーク/本戦8月31日~9月13日/ハードコート)の女子シングルス準決勝で、元世界ランク1位のビクトリア・アザレンカ(ベラルーシ)が第3シードのセレナ・ウイリアムズ(アメリカ)を1-6 6-3 6-3で倒し、7年ぶり3度目の決勝進出を果たした。試合時間は1時間55分。

 グランドスラムでアザレンカが準決勝を突破したのは2013年の全米以来で、その戦績は4勝3敗となった。

USオープン2020|トーナメント表

 フラッシングメドウに3年連続13回目の出場となる31歳のアザレンカは、2012年と13年の決勝でいずれもセレナに敗れて準優勝したのがこれまでの最高成績。昨年は1回戦で、同胞のアーニャ・サバレンカ(ベラルーシ)に6-3 3-6 4-6で敗れていた。

 前哨戦のウェスタン&サザン・オープン(WTAプレミア5/ハードコート)に参戦していたアザレンカは決勝まで勝ち進み、大坂なおみ(日清食品)が棄権したため2016年シーズン以来となるツアー通算21勝目を挙げていた。

 この結果でアザレンカは、セレナとの対戦成績を5勝18敗とした。グランドスラムでは全米での3回を含めて10度対戦しており、そのすべてでセレナが勝っていた。

 今大会でのアザレンカは、1回戦でバルバラ・ハース(オーストリア)を6-1 6-2で、2回戦で第5シードのサバレンカを6-1 6-3で、3回戦で19歳のイガ・シフィオンテク(ポーランド)を6-4 6-2で、4回戦で第20シードのカロリーナ・ムチョバ(チェコ)を5-7 6-1 6-4で、準々決勝では第16シードのエリース・メルテンス(ベルギー)を6-1 6-0で破って4強入りを決めていた。

 アザレンカは決勝で、第4シードの大坂と対戦する。大坂は準決勝で、第28シードのジェニファー・ブレイディ(アメリカ)を7-6(1) 3-6 6-3で下しての勝ち上がり。

 直近のグランドスラム6大会で4度決勝に進出しながらタイトルが獲れていないセレナは、マーガレット・コート(オーストラリア)の持つ最多記録に並ぶ24回目の四大メジャー制覇を目指していた。(テニスマガジン)

※写真はビクトリア・アザレンカ(ベラルーシ)
NEW YORK, NEW YORK - SEPTEMBER 10: Victoria Azarenka of Belarus celebrates winning match point during her Women's Singles semifinal match against Serena Williams of the United States on Day Eleven of the 2020 US Open at the USTA Billie Jean King National Tennis Center on September 10, 2020 in the Queens borough of New York City. (Photo by Matthew Stockman/Getty Images)


This article is a sponsored article by
''.