WTAツアー公式戦の「BNLイタリア国際」(WTAプレミア5/イタリア・ローマ/9月14~21日/賞金総額169万2169ユーロ/クレーコート)の女子ダブルス1回戦で、日比野菜緒(ブラス)/二宮真琴(エディオン)がワイルドカード(主催者推薦枠)で出場したエリザベッタ・コッチャレット/マルティナ・トレビサン(ともにイタリア)を1-6 7-5 [10-5]で倒し、ともにツアー再開後の初勝利を挙げた。試合時間は1時間24分。

 二宮と日比野のコンビは、今回が6度目のダブルス出場。初めてペアを組んだ昨年11月の深圳(W100/ハードコート)では、4試合を勝ち抜きタイトルを獲得していた。

海外ツアー2020日本人選手:女子|PHOTOアルバム

 シングルスの予選に第9シードで出場していた日比野は、初戦でワイルドカードのメラニア・デライ(イタリア)に6-4 3-6 4-6で敗れていた。

 日比野/二宮は次のラウンドで、第1シードのシェイ・スーウェイ(台湾)/バーボラ・ストリコバ(チェコ)と対戦する。上位4シードは1回戦がBYE(免除)となっており、2回戦からの登場となる。(テニスマガジン)

※写真は昨年のフレンチ・オープンでの日比野菜緒(ブラス)(撮影◎毛受亮介 / RYOSUKE MENJU)


This article is a sponsored article by
''.