ATPツアー公式戦の「BNLイタリア国際」(ATP1000/イタリア・ローマ/9月14~21日/賞金総額385万4000ユーロ/クレーコート)の本戦が始まり、初日は男女単複の1回戦などが行われた。

 新型コロナウイルス(COVID-19)に感染したあとUSオープンで非常に厳格に隔離されたことに対するブノワ・ペール(フランス)の怒りは、月曜日のばかげた1回戦を通してフォロ・イタリコに溢れ出していた。

 世界ランク24位のペールはワイルドカード(主催者推薦枠)で出場した地元期待のヤニク・シンネル(イタリア)に対する1回戦のある1ゲームの間に2度ラケットを空中高く放り投げ、2-6 1-6で敗れる過程であまり盛り返そうとする努力を見せなかった。

BNLイタリア国際2020|PHOTOアルバム

 ペールは陰性になるまでニューヨークで隔離を強いられ、練習することができなかった。ペールはそのような状態にあった自分の試合を大会初日に入れたことについて、ローマの主催者を批判した。

「僕はたったひとつのリクエストをしただけだ。それはニューヨークでのことがあったから、1日余計に練習日を取れるように火曜日にプレーさせて欲しいということだった。ところが僕がイタリア人と当たるから、彼らは僕を月曜日に入れたんだ」とペールは日曜日にツイートしていた。

 第2セットに2度――2度目は危険なほど審判に近い位置で起きた――、ペールはフラストレーションのあまりラケットを宙に放り投げた。チェンジコートの際に何度かマスクを着けていたペールは主審と何度も言葉を交わしたが、その振る舞いに関して1度警告を受けただけだった。

 その試合の最後のゲームで、ペールはあたかもボールを相手コートに入れるつもりはないかのように怒りにかられた様子でサービスリターンをネットに打ち込んだ。シンネルの最初のマッチポイントでペールはついにリターンを相手コートに入れたが、それに驚いた様子さえ見せてシンネルの返球を追おうともしなかった。

「僕は自分の部屋に留まり、10日間プレーしていなかったんだ」とペールは切り出し、「いいトレーニングだったよ。1時間プレーできてよかった。僕は1時間と4分もプレーしたんだ。1時間4分も持ち堪えられてうれしいよ。僕はできることはやった。ヤニクはすごくいいプレーをしていたよ」と皮肉を込めたコメントをした。

「この結果はそれほど重要じゃない。僕にはまだダブルスがある。ニコ(ニコラ・マウ)と一緒に楽しんで、試合に勝てるよう努力するよ」

 無観客で行われている今大会は、パンデミックのため従来の5月から9月末のフレンチ・オープン前に日程を変更した。

 19歳のシンネルは試合後、「何日間もニューヨークで検疫のために隔離されていたあとだけに、ある意味で理解できるよ。結局のところ、僕は自分がやるべきことをやった」と語った。彼は次のラウンドで、第3シードのステファノス・チチパス(ギリシャ)と対戦する。上位8シードは1回戦がBYE(免除)となっており、2回戦からの登場となる。

 一方で日本の錦織圭(日清食品)はアルベルト・ラモス ビノラス(スペイン)を6-4 7-6(3)で倒し、約1年ぶりの勝利をおさめた。錦織は右肘の手術のあとウイルス検査で陽性と診断され、USオープン出場を断念していた。

 この日プレーしたシード勢は、第15シードのグリゴール・ディミトロフ(ブルガリア)がワイルドカードのジャンルカ・マジェル(イタリア)を7-5 6-1で下したが、第11シードのカレン・ハチャノフ(ロシア)、第14シードのクリスチャン・ガリン(チリ)、第16シードのフェリックス・オジェ アリアシム(カナダ)は敗れた。

 キャスパー・ルード(ノルウェー)がハチャノフを6-3 3-6 6-1で、ボルナ・チョリッチ(クロアチア)がガリンを6-4 6-4で、フィリップ・クライノビッチ(セルビア)はオジェ アリアシムを6-4 7-5で破ってシードダウンを演じた。

 そのほかの試合では、ホベルト・ホルカシュ(ポーランド)、マリン・チリッチ(クロアチア)、ユーゴ・アンベール(フランス)、ロレンツォ・ソネゴ(イタリア)、ワイルドカードのステファノ・トラバグリア(イタリア)が2回戦に駒を進めた。(APライター◎アンドリュー・ダンプ/構成◎テニスマガジン)

※写真は主審と言い争うブノワ・ペール(フランス/左)
ROME, ITALY - SEPTEMBER 14: Benoit Paire of France reacts to the umpire in the second set of his round one match against Jannik Sinner of Italy during day one of the Internazionali BNL D'Italia at Foro Italico on September 14, 2020 in Rome, Italy. (Photo by Clive Brunskill/Getty Images)


This article is a sponsored article by
''.