ATPツアー公式戦の「BNLイタリア国際」(ATP1000/イタリア・ローマ/9月14~21日/賞金総額385万4000ユーロ/クレーコート)の男子シングルス2回戦で、西岡良仁(ミキハウス)は第15シードのグリゴール・ディミトロフ(ブルガリア)に1-6 0-6で敗れた。試合時間は55分。

 今大会に2年連続出場となった24歳の西岡は、1回戦で前週のキッツビューエル(ATP250/クレーコート)でATPツアー初優勝を飾ったばかりだった21歳のミオミル・キツマノビッチ(セルビア)を6-4 6-1で破って本戦初勝利をマークしていた。初出場だった昨年は予選2試合を勝ち抜き、1回戦でディエゴ・シュワルツマン(アルゼンチン)に1-6 4-6で敗れていた。

BNLイタリア国際2020|PHOTOアルバム

 この結果でディミトロフは、西岡との対戦成績を2勝0敗とした。両者は昨年1月にブリスベン(ATP1000/ハードコート)の1回戦で初対戦しており、ディミトロフが6-3 6-4で勝っていた。

 ディミトロフは3回戦で、ワイルドカード(主催者推薦枠)で出場した19歳のヤニク・シンネル(イタリア)と対戦する。シンネルは2回戦で、第3シードのステファノス・チチパス(ギリシャ)を6-1 6-7(9) 6-2で下しての勝ち上がり。(テニスマガジン)

※写真は1回戦での西岡良仁(ミキハウス)(Getty Images)


This article is a sponsored article by
''.