WTAツアー公式戦の「BNLイタリア国際」(WTAプレミア5/イタリア・ローマ/9月14~21日/賞金総額169万2169ユーロ/クレーコート)の女子シングルス2回戦で、第1シードのシモナ・ハレプ(ルーマニア)がワイルドカード(主催者推薦枠)で出場したジャスミン・パオリーニ(イタリア)を6-3 6-4で下し、前年度覇者で第2シードのカロリーナ・プリスコバ(チェコ)はバーボラ・ストリコバ(チェコ)との同胞対決を6-3 6-3で制した。

 3回戦では、ハレプがデヤナ・イエストレムスカ(ウクライナ)と、プリスコバは予選勝者のアンナ・ブリンコワ(ロシア)と対戦する。イエストレムスカが昨年のフレンチ・オープン準決勝進出者のアマンダ・アニシモワ(アメリカ)を4-6 7-6(3) 6-4で、ブリンコワは予選勝者のアリョーナ・ボルソバ(スペイン)を4-6 6-1 7-6(4)で破って勝ち上がった。

BNLイタリア国際2020|PHOTOアルバム

 USオープン準優勝を果たした4日後のプレーとなったビクトリア・アザレンカ(ベラルーシ)はこの日唯一行われた1回戦の試合で、1999年ローマ優勝者のビーナス・ウイリアムズ(アメリカ)を7-6(7) 6-2で倒した。試合後にビーナスは空いているグラウンドコートの周りで愛犬を散歩させ、少し気を紛らわせていた。

 そのほかの試合では、第4シードのエリナ・スビトリーナ(ウクライナ)、第10シードのエレナ・リバキナ(カザフスタン)、第11シードのエリース・メルテンス(ベルギー)、予選勝者のダンカ・コビニッチ(モンテネグロ)が16強入りを決めた。

 第6シードのベリンダ・ベンチッチ(スイス)はコビニッチに3-6 1-6で敗れ、ツアー再開後の初戦を飾れなかった。上位8シードは1回戦がBYEで免除されていたため、ベンチッチはこれが初戦だった。(C)AP(テニスマガジン)

※写真はシモナ・ハレプ(ルーマニア)
ROME, ITALY - SEPTEMBER 16: Simona Halep of Romania plays a backhand in her round two match against Jasmine Paolini of Italy during day three of the Internazionali BNL d'Italia at Foro Italico on September 16, 2020 in Rome, Italy. (Photo by Clive Brunskill/Getty Images)


This article is a sponsored article by
''.