ベスト8が出揃う、バーティは地元オーストラリアでのタイトル防衛ならず [アデレード国際]

写真はアシュリー・バーティ(オーストラリア/右)とダニエル・コリンズ(アメリカ)(Getty Images)

WTAツアー公式戦の「アデレード国際」(WTA500/オーストラリア・南オーストラリア州アデレード/2月22~27日/賞金総額53万5530ドル/ハードコート)の女子シングルス2回戦で、第1シードのアシュリー・バーティ(オーストラリア)がダニエル・コリンズ(アメリカ)に3-6 4-6で敗れる番狂わせが起きた。試合時間は1時間5分。

 世界ランク1位のバーティは昨年の大会で地元オーストラリアで初のツアー優勝を飾り、今大会ではタイトル防衛を目指していた。バーティは1回戦がBYEで免除されていたため、この試合が初戦だった。

 コリンズは次のラウンドで、予選勝者のマディソン・イングリス(オーストラリア)を6-1 6-3で破って勝ち上がった第5シードのイガ・シフィオンテク(ポーランド)と対戦する。

 そのほかの試合では第2シードのベリンダ・ベンチッチ(スイス)、16歳のコリ・ガウフ(アメリカ)、アナスタシア・セバストワ(ラトビア)、ジル・タイヒマン(スイス)、予選勝者のストーム・サンダース(オーストラリア)が勝ち上がり、ベスト8が出揃った。

 16歳のガウフが第6シードのペトラ・マルティッチ(クロアチア)を5-7 6-3 6-4で、タイヒマンが第8シードのワン・チャン(中国)を3-6 6-3 6-3で、サンダースは第7シードのユリア・プティンセバ(カザフスタン)を6-4 5-7 6-1で倒し、それぞれシードダウンを演じた。

 準々決勝ではベンチッチがサンダースと、ガウフが前日に勝ち上がりを決めていたシェルビー・ロジャーズ(アメリカ)と、セバストワはタイヒマンと対戦する。(テニスマガジン)

続きを読むには、部員登録が必要です。

部員登録(無料/メール登録)すると、部員限定記事が無制限でお読みいただけます。

いますぐ登録

写真◎Getty Images

Related