21歳ポプリンがチリッチを倒してノーシードから決勝進出 [シンガポール・オープン]

写真は決勝進出を決めた瞬間のアレクセイ・ポプリン(オーストラリア)(Getty Images)

ATPツアー公式戦の「シンガポール・テニス・オープン」(ATP250/シンガポール・シンガポール/2月22~28日/賞金総額36万1800ドル/室内ハードコート)の男子シングルス準決勝が行われ、第4シードのアレクサンダー・ブブリク(カザフスタン)とアレクセイ・ポプリン(オーストラリア)がチャンピオンの座をかけて対戦することになった。

 ブブリクが1セットダウンから第6シードのラドゥ・アルボット(モルドバ)を2-6 6-3 6-4で倒し、ポプリンは第3シードのマリン・チリッチ(クロアチア)に7-6(5) 7-6(2)で競り勝った。

 今季のATPツアー開幕戦のひとつだったアンタルヤ(ATP250/ハードコート)に続く決勝に臨む23歳のブブリクは、4度目のチャンスでツアー初優勝を目指している。

 21歳にしてツアー初タイトルに王手をかけたポプリンは、ツアー大会では2019年7月のアトランタ(ATP250/ハードコート)でのベスト8がこれまでの最高成績だった。

 決勝で対戦する両者の対戦成績は、ポプリンが1勝0敗でリード。2018年7月にアスタナ(ATPチャレンジャー/賞金総額12万5000ドル/ハードコート)の1回戦で初対戦しており、ポプリンが5-7 6-3 6-4で勝っている。(テニスマガジン)

続きを読むには、部員登録が必要です。

部員登録(無料/メール登録)すると、部員限定記事が無制限でお読みいただけます。

いますぐ登録

写真◎Getty Images

Related