土居美咲がまたもラッキールーザーのチャンスを生かして本戦初勝利、スビトリーナとの2回戦へ [カタール・オープン]

写真は土居美咲(ミキハウス)(Getty Images)

WTAツアー公式戦の「カタール・トータル・オープン」(WTA500/カタール・ドーハ/3月1~6日/賞金総額56万5530ドル/ハードコート)の女子シングルス1回戦で、土居美咲(ミキハウス)がジェン・サイサイ(中国)を6-4 6-3で倒し、同大会での本戦初勝利を挙げた。試合時間は1時間27分。

 アマンダ・アニシモワ(アメリカ)が足首のケガで棄権したため、予選決勝で敗れた土居にラッキールーザーで本戦入りチャンスが渡っていた。

 今大会に2年連続4度目の出場となる29歳の土居は、2014年に初めて本戦でプレーしたが初戦敗退。昨年もラッキールーザーとして本戦入りし、予選決勝の再戦となった1回戦でふたたびテレザ・マルティンコバ(チェコ)に2-6 6-3 2-6で敗れていた。

 この結果で土居は、4度目の対戦でジェンから初勝利を挙げた。前回の対戦は2018年11月の深圳(ITF10万ドル/ハードコート)の準決勝で、ジェンが6-4 6-1で勝っていた。ジェンは今季ここまで4大会でプレーしたが、シングルスはすべて初戦敗退に終わっていた。

 土居は2回戦で、第1シードのエリナ・スビトリーナ(ウクライナ)と対戦する。上位4シードは初戦がBYEで免除されており、2回戦からの登場となる。(テニスマガジン)

続きを読むには、部員登録が必要です。

部員登録(無料/メール登録)すると、部員限定記事が無制限でお読みいただけます。

いますぐ登録

写真◎Getty Images

Related