日比野菜緒が肩の手術から早期復帰も勝利ならず [サポパン・オープン]

写真はオーストラリアン・オープンでの日比野菜緒(ブラス)(Getty Images)

WTAツアー公式戦の「サポパン・オープン」(メキシコ・ハリスコ州グアダラハラ/3月8~13日/賞金総額23万5238ドル/ハードコート)の女子シングルス1回戦で、第5シードの日比野菜緒(ブラス)はアンナ カロリーナ・シュミドローバ(スロバキア)に1-6 5-7で敗れた。試合時間は1時間21分。

 今大会に2度目の出場となった26歳の日比野は、先月末に右肩のガングリオンを取り除く小さな手術を受けていた。WTA125Kシリーズだった2019年大会での日比野は、2回戦でタチアナ・マリア(ドイツ)に4-6 3-6で敗れていた。

 この結果でシュミドローバは、日比野との対戦成績を2勝0敗とした。両者は2018年9月にタシケント(WTAインターナショナル/ハードコート)の2回戦で初対戦しており、シュミドローバが7-6(5) 6-4で勝っていた。

 シュミドローバは2回戦で、カタジーナ・カバ(ポーランド)とワイルドカード(主催者推薦枠)のレナタ・サラスア(メキシコ)の勝者と対戦する。

 予選には奈良くるみ(安藤証券)、日比万葉(グラムスリー)、岡村恭香(橋本総業ホールディングス)が出場していたが、いずれも初戦で敗れていた。

 そのほかの日本勢は穂積絵莉(日本住宅ローン)/加藤未唯(ザイマックス)がダブルスに参戦しており、初戦の対戦相手はアリョーナ・ボルソバ(スペイン)/ダンカ・コビニッチ(モンテネグロ)となっている。

 サポパン・オープンはWTA250に格付けされる大会で、シングルス32ドロー、ダブルス16ドローで争われる。(テニスマガジン)

※名前の左に付いている数字はドロー番号、[ ]数字はシード順位

予選結果|日本人選手

予選1回戦

●18奈良くるみ(日本/安藤証券)1-6 1-6 ○17アストラ・シャルマ(オーストラリア)[5]

●14日比万葉(日本/グラムスリー)3-6 6-3 4-6 ○13エリザベッタ・コッチャレット(イタリア)[4]

●7岡村恭香(日本/橋本総業ホールディングス)2-6 0-6 ○8レオニー・キュング(スイス)[11]

上位出場選手シード順位|シングルス

ナディア・ポドロスカ(アルゼンチン)[1]
マリー・ブーズコバ(チェコ)[2]
アンナ・ブリンコワ(ロシア)[3]
サラ・ソリベス トルモ(スペイン)[4]

続きを読むには、部員登録が必要です。

部員登録(無料/メール登録)すると、部員限定記事が無制限でお読みいただけます。

いますぐ登録

写真◎Getty Images

Related