チェコの15歳リンダ・フルヴィルトバがWTAツアー本戦初勝利 [MUSCヘルス女子オープン]

写真は2019年フレンチ・オープン・ジュニアでのリンダ・フルヴィルトバ(チェコ)(Getty Images)

WTAツアー公式戦の「MUSCヘルス女子オープン」(WTA250/アメリカ・サウスカロライナ州チャールストン/4月12~18日/賞金総額23万5238ドル/クレーコート)の女子シングルス1回戦で、第2シードのマグダ・リネッテ(ポーランド)がマリア カミラ・オソリオ セラーノ(コロンビア)に3-6 6-4 5-7で競り負けた。試合時間は2時間16分。

 19歳のオソリオ セラーノは前週のボゴタ(WTA250/クレーコート)で地元優勝を果たし、同大会で3人目のコロンビア人チャンピオンとなったばかりだった。オソリオ セラーノは次のラウンドで、サラ・エラーニ(イタリア)を7-6(3) 6-3で破って勝ち上がったクリスティーナ・マクヘイル(アメリカ)と対戦する。

 この日プレーしたそのほかのシード勢は第1シードのオンス・ジャバー(チュニジア)がシュテファニー・フェーゲレ(スイス)を6-4 6-1で破ったが、右太腿を負傷した第4シードのアリゼ・コルネ(フランス)は第3セット途中棄権で敗れた。

 ワイルドカード(主催者推薦枠)で出場したリンダ・フルヴィルトバ(チェコ)と対戦したコルネはマッチポイントを凌いで最終セットに持ち込んだが、2-6 7-6(7) 4-4の時点で試合続行を断念した。

 ITFツアーでシングルス2勝ダブルス2勝を挙げている15歳のフルヴィルトバは、昨年8月のプラハ(WTAインターナショナル/クレーコート)以来となる2度目のWTAツアー本戦で初勝利をマークした。

 そのほかの試合ではダンカ・コビニッチ(モンテネグロ)、アストラ・シャルマ(オーストラリア)、フランチェスカ・ディ ロレンツォ(アメリカ)、予選勝者のクレア・リュー(アメリカ)とアリシア・パークス(アメリカ)、ワイルドカードのエマ・ナバーロ(アメリカ)が2回戦に駒を進めた。

 今大会は1年のみのライセンスで今年のカレンダーに組み込まれ、前週のボルボ・カーズ・オープン(WTA500/クレーコート)と同じ会場で行われる。(テニスマガジン)

続きを読むには、部員登録が必要です。

部員登録(無料/メール登録)すると、部員限定記事が無制限でお読みいただけます。

いますぐ登録

写真◎Getty Images

Related