バウティスタ アグートがスペイン勢対決に勝利し3回戦へ [バルセロナ・オープン]

写真はロベルト・バウティスタ アグート(スペイン)(Getty Images)

ATPツアー公式戦の「バルセロナ・オープン・バンコサバデル」(ATP500/スペイン・バルセロナ/4月19~25日/賞金総額170万2800ユーロ/クレーコート)の男子シングルス2回戦で、 第5シードのロベルト・バウティスタ アグート(スペイン)がパブロ・アンドゥハル(スペイン)との同胞対決を6-4 6-0で制してベスト16に進出した。

 シード勢は1回戦をBYEで免除されており、バウティスタ アグートはこの試合が初戦だった。バウティスタ アグートは次のラウンドで、イゴール・ゲラシモフ(ベラルーシ)を6-3 6-2で破って勝ち上がった第11シードのヤニク・シンネル(イタリア)と対戦する。

 この日初戦に臨んだそのほかのシード勢は第7シードのデニス・シャポバロフ(カナダ)がジェレミー・シャルディ(フランス)を6-3 7-5で、第8シードのダビド・ゴファン(ベルギー)がピエール ユーグ・エルベール(フランス)を6-2 6-4で下してそれぞれ勝ち上がったが、第12シードのカレン・ハチャノフ(ロシア)はキャメロン・ノリー(イギリス)に4-6 6-3 3-6で敗れた。シードダウンを演じたノリーは、3回戦でゴファンと顔を合わせる。

 1回戦の試合ではフランシス・ティアフォー(アメリカ)がワイルドカード(主催者推薦枠)で出場した17歳のカルロス・アルカラス(スペイン)を6-4 7-6(2)で退け、ジョーダン・トンプソン(オーストラリア)はベテランのリシャール・ガスケ(フランス)に7-6(5) 4-6 7-6(3)で競り勝った。

 そのほかの試合ではアレクサンダー・ブブリク(カザフスタン)、アルベルト・ラモス ビノラス(スペイン)、コランタン・ムーテ(フランス)、ワイルドカードで出場したロレンツォ・ムゼッティ(イタリア)が2回戦に駒を進めた。

 同大会で最多記録更新となる12度目の優勝を目指す第1シードのラファエル・ナダル(スペイン)の初戦は水曜日に予定されており、予選勝者のイリヤ・イバシカ(ベラルーシ)との2回戦に臨む。

 昨年の大会は新型コロナウイルス(COVID-19)のパンデミックにより、開催中止となっていた。(C)AP(テニスマガジン)

続きを読むには、部員登録が必要です。

部員登録(無料/メール登録)すると、部員限定記事が無制限でお読みいただけます。

いますぐ登録

写真◎Getty Images

Related