GODAI「選手サポートプログラム」で大卒プロの今村昌倫と熊坂拓哉が契約

左が今村昌倫、右が熊坂拓哉(写真◎BBM)

テニススクール事業やテニスコーチの養成事業をはじめスポーツ健康事業に力を入れるGODAIが、若手プロテニス選手を支援する「GODAI 選手サポートプログラム」に、今春大学を卒業してプロ登録をした今村昌倫(慶應義塾大学卒)と熊坂拓哉(亜細亜大学卒)の2選手を選定し、契約を締結したことを発表した。

「GODAI 選手サポートプログラム」は、社会人スキルの向上サポート、発信・プロモーションの支援、目標ランキングに合わせた活動資金のスポンサードが柱となる。

「GODAI選手サポートプログラム」趣旨(同社資料より)

(1)一人の「社会人」としての成長をサポート

プロテニス選手はアスリートであると同時に一人の「社会人」である。彼らの活動をサポートする中で、社会人に必要な基礎スキルが向上できるようなプログラムを提供し、プレーしながら一人の社会人として成長できるよう支援する。また社会人スキルの基盤を固めることで、選手のデュアルキャリア形成に生かす狙いもある。

(2)プロ転向した選手が安心してプレーに専念できる「コミュニティ」を用意する

プロテニス選手は出場するツアーの選定、遠征先のホテルや食事の手配、練習環境の確保などをすべて自分で行わなければいけない。アマチュア時代とは環境や立場が激変し、精神的にも孤立しやすい状況にある。その中で選手が気軽に相談できたり、活動状況のフィードバックを受けられるような「コミュニティ」を用意することで、選手が孤立せず安心してプレーに専念できるようにサポートする。

今村昌倫(いまむら・まさみち)


所属◎JCRファーマ
生年月日◎1998年11月23日(22歳)
出身◎大阪府
経歴◎清風高校卒(2017年)、慶應義塾大学卒(2021年)
主な戦績◎2019年全日本学生テニス選手権大会(インカレ)優勝、全日本学生室内テニス選手権大会(インカレ室内)優勝、全日本テニス選手権大会準優勝(2020年)

今村プロ コメント「厳しい状況の中、サポートしてくださる方々に少しでも恩返しができるよう、感謝の気持ちを忘れず、学生出身の強みを活かして自分らしく頑張って参ります。応援のほど、よろしくお願いいたします」

熊坂拓哉(くまさか・たくや)


所属◎フリー
生年月日◎1998年10月12日(22歳)
出身◎山形県
経歴◎日大山形高校卒(2017年)、亜細亜大学卒(2021年)
主な戦績◎2020年関東学生テニストーナメント準優勝、全日本学生室内テニス選手権大会(インカレ室内)ベスト4

熊坂プロ コメント「プロの世界に挑戦するにあたってこのような大変な状況の中、支えてくださる方々への感謝の気持ちを忘れずに、高い目標をもって、日々成長していけるよう努力していきたいと思います」

続きを読むには、部員登録が必要です。

部員登録(無料/メール登録)すると、部員限定記事が無制限でお読みいただけます。

いますぐ登録

写真◎BBM

Related